Kōki,が工藤静香との密着生活を惜しげもなく明かす無防備ぶり 木村拓哉の不在際立つ

【この記事のキーワード】

事あるごとに登場する工藤静香とのエピソード

 前述した一問一答コーナーの「最近プライベートで嬉しかったことは?」にKōki,は<母と一緒に庭の草むしりと掃除、土も入れ替えてから、お花を買いに行ったこと>と答え、また、「お休みの日は何してる?」には<母とカフェに朝食を食べに行きます>と返し、さらに、「好きな食べ物は?」には<家のご飯。お祝いのときに作ってくれる、オーブンで焼いた豚焼きと押し寿司が大好きです>と回答している。

 「普段、どんなファッションを楽しんでいる?」という、フランクながらモデルとしてのあり方を問うような質問にも、<お買い物は母と行きます。趣味が本当に同じで、好きな洋服のタイプも同じなんです。「これ借りるね」とクローゼットからよく服を借りています>と、やはりここでも母の存在が顔を出すのであった。

 これはインタビュー本編でも同様である。Kōki,は現在の活動を決意するまでには母の後押しが欠かせなかったとして、このように語っている。

<私に母が言ってくれたのは『なんでもいんだよ。ただ、すでに人が作ったもの、人がやったことの中であなたにできないことは何もない。だからトライだけはしてね』と。やる前に諦めることだけはしちゃいけない。諦めるのは、トライしたその後のことであると、いつだって背中を押してくれました>

 見てきたように、どんな話題でも工藤静香とのエピソードが登場する一方、木村拓哉はほぼまったくと言い切ってしまってもいいほど登場しない。一問一答コーナーの「何をしてる時が幸せ?」という質問に対する回答<家族全員揃って、家でご飯を食べているとき>でうっすらとその存在がほのめかされるぐらいである。

1 2 3

「Kōki,が工藤静香との密着生活を惜しげもなく明かす無防備ぶり 木村拓哉の不在際立つ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。