Kōki,が工藤静香との密着生活を惜しげもなく明かす無防備ぶり 木村拓哉の不在際立つ

【この記事のキーワード】

木村拓哉はKōki,について語っている

 一方の木村拓哉がKōki,の存在を隠そうとしているかといえば、そんなことはない。

 木村拓哉は8月16日放送『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)にVTR出演した際Kōki,について語っている。

 木村拓哉はKōki,の仕事に対してあれこれ口出ししていないと言い、<自分ができるのはそれしかないですからね。彼女がやってみたいっていうことは、だったらその背中を押すしかないし><自分がこういうこと(芸能の仕事)を続けられる限り、見せるしかないですよね>と、娘には父の背中を見て学んで欲しい意向を語っている。

 10月16日に香港でのイベントから帰国した際に羽田空港でファンに囲まれた様子を「女性セブン」(小学館)2018年11月8日号が報じた際も、Kōki,の近くには工藤静香がいた。彼女の仕事をサポートする存在として母が大きな役割を果たしているのだろう。

 とはいえ、圧倒的な母の存在感ゆえに浮きだってしまう父の不在は、「木村拓哉側からKōki,について触れるのはいいが、Kōki,から木村拓哉について語るのはNG」というジャニーズ事務所からのお達しがあるのではないかと邪推せずにはいられない。

Kōki,が「二世タレント」に押し込められてしまう危険性

 また、根本的な問題になるが、ここまで強く「母娘関係」を強調してしまうのは、いわゆる「二世タレント」の枠に押し込まれてしまう危険性を孕むし、もっと慎重になったほうが賢明ではないだろうか。

 Kōki,はすでに中国のハイファッション誌『紅秀GRAZIA』の表紙を飾っていたり、ブルガリのアンバサダーに選ばれたりと、海外での展開も準備されているため、そもそも日本の芸能界でどのように受け止められようと関係ないのかもしれないが、少し要らぬ心配をしてしまうのであった。

(倉野尾 実)

1 2 3

「Kōki,が工藤静香との密着生活を惜しげもなく明かす無防備ぶり 木村拓哉の不在際立つ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。