健康

糖尿病は「貧困病」か、誰でも発症する「国民病」か

【この記事のキーワード】

食料不安があれば、糖尿病リスクは2.5倍も高まる!

 「糖尿病と所得」の関係についても様々な研究がされている。

 たとえば、米国の約14%の家庭が食料不安の状況にあり、食料不安のある家庭の糖尿病リスクは、食料不安のない家庭の2.5倍になるとする研究がある。

 米エモリー大学糖尿病教育訓練学会のBritt Rotberg氏は、ボストンで開催された米国糖尿病協会(ADA)会議で「十分な食費を確保できていない2型糖尿病患者は、食事の心配のない患者に比べると、血糖コントロールが良好にできていない。健康的な食事や食べ物の入手のしやすさも議論する必要がある」とする研究発表を行った。

 発表によれば、血糖管理をサポートする教育プログラムに参加した2型糖尿病患者を対象に調査したところ、被験者の3分の2は健康保険に未加入で、76%の世帯年収は1万5,000ドル(165万円)未満だった。

 最近30日以内に十分な食料確保に不安を感じた人は137人、感じなかった人は167人。食料不安のない人は血糖値が有意に良好で、HbA1C値は平均7.6%だったが、食料不安のある人のHbA1C値は約10%だった。BMI(肥満度の指標)は両群とも31だった。

 HbA1cとは、赤血球中で体内に酸素を運ぶヘモグロビンと血液中のブドウ糖が結合(糖化ヘモグロビン)した数値。糖尿病の人は血液中に糖化ヘモグロビンが増加するので、HbA1cの値を調べれば、過去1~2ヶ月の平均的な血糖価が分かる。日本糖尿病学会が定めるHbA1cの基準値は6.2%未満だ。

 Rotberg氏によると、食料不安のある人は加工食品やファストフードなどを常用しやすく、野菜の摂取量が少ない。生野菜は長持ちしないため買えない人が多いので、血糖管理をサポートする教育プログラムでは冷凍野菜や缶詰の野菜の活用を勧めているという。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。