連載

「性交も体外受精もなく妊娠出産した!」と語る女性を全肯定する医師の仰天説法

【この記事のキーワード】
SpiYakou114a

Thinstock/Photo by Oksana_Bondar/Photodisc

 子宮系と胎内記憶。当連載がとりあげるメイン物件になりつつある二大コンテンツが、トンデモ界の定番展開である悪魔合体を果たし、ますます訳のわからない異界を作り上げたようです。それが、〈セックスレス妊娠〉。

 体外受精でもなく、性交なしに妊娠する。聖母マリアか単為生殖か。一体何のことを言っているのか、内容を確認するのはもはや謎物件ウオッチャーの義務! と思い買ってしまいました。10月26日に発売された『セックスレスでもワクワクを求めてどんどん子宮にやってくるふしぎな子どもたち』という、すごいタイトルの本を。発売元は、スピ本ご専門のヒカルランド。産婦人科医の池川明氏と、セックスレス妊娠経験者という咲弥(さくや)氏との対談本です。

 池川氏は、「子どもは空の上からお母さんを選んで生まれてくる」「受精卵・胎児・前世からの記憶を持つ子どもがいる」という〈胎内記憶〉を、精力的に布教する産婦人科医。咲弥氏は、神津島でゲストハウスを営む女性。「子宮の声に従えば、不調や疾患が消えお金も愛もガッポガポ」という主張で子宮スピリチュアルビジネスを築き上げた子宮委員長はる氏の初期からのファンであり、セックスレス妊娠も子宮委員長に肩を押され、池川氏へメールを送ったと同書で語られています。

 まずは表紙が、実に攻めています。タイトルの行間に詰め込まれる、本の詳細。目がチカチカするという方のため、こちらでも一部をご紹介しておきましょう。

「タマシイをニューブレンドして、現世で生まれ変わる方法」
「そして子宮(地球?)ケア、今までにない妊活の本としてもお読みいただけます!」
「日本だけでも多くの事例を聞くようになりました」(池川)
「この子は夫婦関係なしに子宮に宿ったのです」(咲弥)

 通常この手の情報は〈帯〉に入れるのが書籍の定石。それをあえてのカバーデザインにとりこむあたりは、規格外のぶっとび本としての意気込みなのでしょう。

1 2 3 4 5

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。