エンタメ

熊田曜子の児童館拒否トラブルで議論 ルールわかりにくさも?

【この記事のキーワード】
熊田曜子Instagramより

熊田曜子Instagramより

 熊田曜子(36)のブログ記事が、大きな反響を呼んでいる。3人の娘を育てる熊田曜子は、夫不在時に子どもたちを児童館に連れて行ったところ、「大人1名につき、子供2名まで」というルールゆえに入館を断られたのだという。このことを11月4日のブログに投稿すると、SNSを中心に「児童館の対応はひどい」と憤る声が拡散した。

 熊田曜子のブログによると、日曜だが夫は仕事、天気は雨だったため、公園遊びを諦めて子どもたちを墨田区の東向島児童館分館に連れて行ったそうだ。子どもたちの年齢は、長女5歳・次女3歳・三女4カ月と、3人とも未就学児だ。

 行き先の児童館は、時間制・人数制で、当日の早い時間にチケットを取るシステム。その情報を念頭に置き、熊田は自分たちの時間に合わせて未就学児用の「すくすくルーム」に向かった。しかしいざ時間になると、スタッフから「お子さんは3人ですか? 大人1名につき、子供2名までなのでは入れません」と言われてしまったという。

熊田曜子「まさか児童館に入れなくなるとは」

 熊田曜子が「5歳、3歳、4ヶ月の子供がいて、今日は私1人なのですが…」と正直に伝えたところ、ルールに則り、入館は不可だった。すでに長女と次女は靴下を脱いで遊ぶ気満々だったため、特に3歳の次女は怒りはじめたそうだが、子どもはそうなるだろう。

 熊田は「私が4ヶ月の赤ちゃんをずっと抱っこ紐で抱っこをしていているので、抱っこしながら上の子達をみるのはどうですか?」と粘ったが、児童館側の答えはやっぱりNGだった。

 整理券を渡す段階で児童館のスタッフが人数を確認していればよかったようにも思えるが、チケットを取る場所に「大人1名につき、子供2名」と掲示されているのに熊田が見逃したのかもしれないし、そういった掲示がなかったかあるいは不十分だった可能性もあり、現場を見ていたわけでもない筆者には何とも言えない。

 ただ、熊田も事前に決まりを認識しておけば児童館を選択肢から外して別の遊び場を探していたことだろう。熊田は<まさか、そんな決まりがあったなんて。 完全に私のミスです。 やってしまった。 娘達よ ごめんなさい>と書いているが、わざわざ児童館の名称を正確に記しているあたり、児童館のルールに納得がいかず憤りを感じているように読み取れなくもない。

<子供が3人になると 子供が小さなうちは大人1人の付き添いでは飛行機に乗れないとか 5人家族になると宿泊できるホテルの部屋が少なくなるとか 3人のお子さんがいる先輩ママに聞いたことがありましたが まさか児童館に入れなくなるとは思ってもみませんでした>

 子どもたちは雨をしのげる高架下の公園で遊んで機嫌もなおったそうだ。

1 2 3 4

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。