エンタメ

羽生結弦選手の圧倒的なスキルと強いメンタル維持 ルール改正でも高度なジャンプに挑戦

【この記事のキーワード】

「やっぱり勝たなくちゃ自分じゃない」 羽生結弦選手の抱負

 ルール改定で質が重視されることは本人も意識しているようで、羽生選手は試合後のメディアの一問一答で、「GOEを取れないとアクセルを入れる意味はないと自分の中では感じている。今季のGOEの比重の大きさを感じた」「自分の中でもおりた、じゃなくて、きれいに決まったと言いきれるようにしないと」と語った。より完成度の高いジャンプが必要という課題もみえたようだ。

 「やっぱり勝たなきゃ自分じゃない。負けていくのは絶対嫌なので」と、トップアスリートとして勝ちにこだわる発言もあった。また、優勝直後でも「練習しなくては」「もっと上を目指す」という趣旨の言葉を繰り返し発しており、真面目で謙虚な羽生選手の人柄がよくあらわれている。

 現在は、4回転トウループ―3回転アクセルだけでなく、4回転半の練習もしている様子で、今期中には成功したいという抱負もあるよう。数々の大会で1位を獲得し、ライバルから常に追われる立場である羽生結弦選手。相当のプレッシャーを背負いながらも、飽くなき向上心で挑み続ける。

(栞こ)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。