政治・社会

Twitter「パパ活」に警告<大変危険な行為><同意があっても処罰対象>

【この記事のキーワード】
警察庁による子供の性被害予防広報ポスター

警察庁による子供の性被害予防広報ポスター

 愛知県警が10月15日より、Twitter上で児童買春につながる怖れのあるツイートに「こちらは愛知県警察少年課です」と呼びかける取り組みを続けている。

 愛知県警が委託するボランティア組織がTwitter内のパトロールを担当し、報告を受けた愛知県警少年課は、当該ツイートに「こちらは愛知県警察少年課です」から始まる警告メッセージをリプライとして送る。

 警告メッセージには2種類ある。

 18歳未満と思われる児童による、被害につながる怖れのあるツイートには、「こちらは愛知県警察少年課です。このツイートは児童買春などの被害に つながるおそれがあります。 また、見ず知らずの相手と会うことは、誘拐や殺人などの重大な事件に巻き込まれるおそれのある大変危険な行為です」。

 一方、児童買春の加害につながる可能性があると判断されたツイートには、「こちらは愛知県警察少年課です。このツイートは児童買春などの犯罪につながるおそれがあります。18歳未満の児童への性的な接触は、仮に同意があったとしても児童の人権を侵害する行為として処罰の対象となる可能性があります」。

 どちらの場合も、「絶対に許すな 子供への性犯罪」「児童買春や児童ポルノの製造等の子供への性犯罪は、子供の人権を著しく侵害する極めて悪質な行為です」と書かれた啓発ポスターの画像を添付。

 結果的に、「愛知県警少年課」に警告メッセージを貰ったアカウントの多くは凍結されている。

「パパ活」求める女子も一様ではないことに留意

 Twitterには、出会いを求めるアカウントによる書き込みが無数にある。出会い系サイトへ誘導するサクラも多いが、個人間でのやりとりを求める女性・女子児童と、男性も多い。

 鍵アカウントにしては「出会い」が制限されるため、彼らは一切はばかることなく、「#パパ活」等のハッシュタグをつけて売買春の取引を求めている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。