エンタメ

『イッテQ』打ち切りも懸念か ラオスでの祭り捏造告発で真っ向食い違う日テレの見解

【この記事のキーワード】
『イッテQ』打ち切りも懸念か ラオスでの祭り捏造告発で真っ向食い違う日テレの見解の画像1

『世界の果てまでイッテQ!』

 大人気の冒険バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が、ヤラセ企画を放送していると「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。同誌がヤラセだとしているのは、“お祭り男” 宮川大輔(46)が世界各国の過激な祭りに参戦する「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」企画で、5月20日に放送となった「橋祭りinラオス」だ。

 「橋祭りinラオス」は、人工的な泥水池に全長25メートルの板を渡して橋に見立て、板の上を自転車で走りきる競技だった。練習から何度も水に落ちる宮川だったが、本番ではわずか3秒で落下。優勝はかなわなかった。

 4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれたという「橋祭り」だが、同誌ではこのような祭りはラオスに存在せず、番組の捏造であったと伝えている。ビエンチャンに赴任する日本人駐在員や、ラオスの情報文化観光省観光部、情報文化観光省マスメディア局など複数人が「ラオスに橋祭りなんてなかった」と証言する。

 つまり、「橋祭り」は、番組が企画収録のためにセットを組み、地元の人々に協力を要請して実現したものだということになる。

 だが日本テレビ広報部は「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答。「週刊文春」の記事と日テレの主張は真っ向から食い違っている。

 ラオスの伝統的な祭りではないものを“捏造”したのであれば、たしかに番組の信頼性が問われ、ともすれば打ち切りの懸念も出てくる。しかし複数の現地の証言があるものの、日テレが「番組主導の祭りではない」と全面否定している以上、これ以上の追及は難しいのではないか。

 過去にも複数のバラエティ番組が、出演者へのヤラセ要請発覚などで終了してきた。だが、たとえ強引な企画だったとしても、日テレの生命線ともいえる好感度抜群の大人気番組『イッテQ』を、そう簡単に終わらせる判断は、局内の誰もできないだろう。

 宮川といえば、日テレスタッフと日テレ本社内の多目的トイレで不適切な行為に及んでいたと2012年に報じられたこともある。告発者が匿名で日テレのコンプライアンス推進室法務部に直訴し、「該当の案件に関する事実は確かにあった。コンプライアンス上の問題であることは認識している」と回答を得たとの報道だった。しかしこの件はうやむやになっている。事実無根であれば日テレや吉本興業が否定声明を出してもいいはずだが、それもなかった。

 今回も、たとえラオスの「橋祭り」が番組主導で開催されたことが事実だとしても、変わりなく「イッテQ」は続いていくだろう。ただし、この番組内で「健康診断で精密検査に引っかかった」とボヤいていた宮川の健康問題が懸念されるとして、お祭り男企画がリニューアルされる可能性もゼロではない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。