エンタメ

『獣になれない私たち』第5話は、重苦しい展開に胸が痛い(ネタバレあり)

【この記事のキーワード】

 朱里のことにけじめをつけて、晶と真剣に向き合おうと決めた京谷だったが、晶はそんなこととは知らない。クラフトビールバーの前で恒星と立ち話をしている最中、向こうから京谷が店をめがけて歩いてくるのに気づいた晶は、なんと、恒星にキスをした。京谷に見せつけるように。これは逃避なのか、新しい恋愛なのか。私には逃避に見えてしまった。しかし恒星も晶の背中に腕を回し、キスは濃厚なものになっていく。あいみょんの主題歌が響く。

 第5話がこれで終わったのだから、続きが気になるのは当然だろう。晶は京谷の母親の話を聞いて、なぜ泣いたのだろう。「愛している」から辛くて泣いたのだろうか。それとも、壁を乗り越えられるほど自分の愛は強くないと感じたのか。真相はまだわからない。

 『獣になれない私たち』の宣伝用メインビジュアルは、新垣結衣と松田龍平のツーショットだ。彼氏役が今をときめく田中圭とはいえ、早々に退場して新垣と松田がすれ違いながらも最終的にはカップルになる展開を、多くの人は予想していたのではないだろうか。

 けれど全然わからない。メインビジュアルの二人はそれぞれ主人公的な役回りなだけで、カップルになることを意味しているわけではないかもしれない。キスをしたけれど、恋愛感情の高まりでしたわけではない。晶と京谷の関係には決着がついていない。京谷と晶が、適当な関係ではなく真剣に交際していることは第4話まで丹念に描かれてきた。二人とも相手のことをちゃんと好きなのだ。

1 2 3 4 5

あなたにオススメ

「『獣になれない私たち』第5話は、重苦しい展開に胸が痛い(ネタバレあり)」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。