エンタメ

『獣になれない私たち』第5話は、重苦しい展開に胸が痛い(ネタバレあり)

【この記事のキーワード】

 呉羽の存在もまだ、ミステリアスなままである。おそらく第6話以降は、呉羽と恒星がもっと重要になってくるだろう。呉羽の夫はまだ登場しないが、名前だけが今回明らかになった。ちなみに朱里がはまっていたオンラインゲームの運営元の社長だ。

 それにしても、ドラマだとはいえ、こんなにも面倒臭い登場人物ばかりでは、確かに見るのが疲れる。晶と京谷のすれ違いなんかは王道ではあるが、イライラも禁じえない。私は主に晶に対するイライラを感じてしまうが、SNSを少しさらえば、朱里や京谷に憤っている声、晶への同情や共感、セクシーな恒星への発情などが感想としては多いように見受けられる。見方はそれぞれ、受け止め方も楽しみ方もそれぞれだ。

 前半戦と言える第5話までが終了し、俄然面白くなってきた『けもなれ』。テンポの良い予告映像と重い本編とのギャップが大きすぎて面喰らうかもしれないが、第6話から見始めてみるのもありではないだろうか。

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。