エンタメ

キンプリ平野紫耀「Jr.はアルバイト」で大炎上の誤解! ジャニーズJr.は不安だらけ

【この記事のキーワード】

滝沢秀明も懸念する、ジュニアの不安定な給与体系

 ジャニーズの給与体系は明かされていないが、ジャニーズJr.は下積みという認識があり、デビューするまで不安定な雇用状況が続くと推測される。かつて、嵐の相葉雅紀(35)や松本潤(35)が、「ジュニア時代の給与は現金払いだった」ことや、「出演するコンサート数によって金額に個人差があった」と明かし、ファンの間で物議をかもしたこともあった。

 また、9月に引退した元タッキー&翼の滝沢秀明(36)は、今後はジャニーズ事務所の裏方に入って後進の育成につとめることを発表しているが、「週刊女性」(主婦と生活社)は、滝沢が「ジュニアの待遇改善」に乗り出すだろうと報じている。記事によれば、滝沢はジュニアに対する事務所の待遇に不満を募らせているという。

 <以前、『滝沢歌舞伎』に出演したJr.へのギャラの支払いがかなり遅れたことがありました。そのときにタッキー自ら、ジュリーさんに対して“みんな寝る間を惜しんで稽古しているのに、なんでギャラが入ってないんですか!”と、激怒したんです。>(「週刊女性」より引用)

 こうした状況があるのなら、ジュニアの待遇が“まとも”なものだとは、到底思えない。

 不安定な状況にあるからこそ、デビューを目指して研鑽するーー逆境が人を強くするとの捉え方もあるだろうが、当人たちは気が気でないだろう。頑張ったところで必ずデビューできるという保障もない。こうしたジュニアの立場をアルバイトにたとえた平野の発言は、的を射ていたのかもしれない。

(今いくわ)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。