社会

「暴力動画」流出で身柄拘束、韓国を騒がす“パワハラ会長”ヤン・ジンホの黒い金と黒い夢

【この記事のキーワード】

「金持ちは何をやっても許される」

「お金持ちだから逆らえなかった」

 ヤン会長に殴られた元社員は、そう証言しているという。違法なアダルトコンテンツで稼いでいたとしても、“外面”さえ整えれば金持ちは何をやっても許される。そんな考えを持つ人物の“経歴ロンダリング”に「巨大ロボット事業」が利用されたのではないか――。こうした疑惑に対し、SFやテクノロジーを愛する者としては、非常に複雑な思いを抱かざるを得ない。

 韓国には、「黒いお金からは、黒い会社や製品しか生まれない」という言葉がある。巨大ロボットはヤン会長の“夢”だったそうだが、黒い金や犯罪から生まれた“黒い夢”など、早々に絶たれたほうが世の中にとって有益であろう。

【文/河 鐘基(ロボティア編集部)】

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。