エンタメ

『ミュージックステーション』へのDA PUMP出演はジャニーズ事務所による圧力の終焉を意味する?

【この記事のキーワード】
『ミュージックステーション』へのDA PUMP出演はジャニーズ事務所による圧力の終焉を意味する?の画像1

『ミュージックステーション』(テレビ朝日)番組ホームページより

 11月2日放送『ミュージックステーション』にDA PUMPが21年ぶりに出演。今年大ヒットした「U.S.A.」と、彼らの代表曲である「if…」を『ミュージックステーション』で“初めて”披露した。

 これが歴史的な邂逅であるとしてインターネット上で大きな話題となった。というのも、DA PUMPは“ジャニーズ事務所の圧力によって『ミュージックステーション』から干されていたボーイズグループ”の代表格だからだ。

 DA PUMPがデビューしたのは1997年のこと。安室奈美恵やSPEEDやMAX など沖縄アクターズスクール系アーティストのブームもあって瞬く間にブレイク。1997年10月にリリースされた2ndシングル「Love Is The Final Liberty」で早くもオリコントップ10入りを果たした。

 そんな時期に事件は起こる。1997年11月14日放送回でDA PUMPはKinki Kidsと共演する予定だったのだが、放送当日にKinki Kidsの姿はなかった。これは、DA PUMPの勢いに脅威を感じたジャニーズ事務所による“恫喝”のボイコットであると言われている。

 これ以降、DA PUMPは『ミュージックステーション』に出演していない。だから、2000年リリースの「if…」が今回の出演で『ミュージックステーション』初披露となったのである。

 同じように、『ミュージックステーション』への出演がなく圧力を受けているとされてきたアーティストには、w-inds.、Lead、元Folderの三浦大知といったライジングプロダクション所属タレントの名前がよくあがる。

 DA PUMPの件から時が経ち、ジャニーズ系とは若干畑違いのLDH所属グループであったり、東方神起やBIGBANGなどK-POPのボーイズグループが『ミュージックステーション』には出演してきた。三浦大知が2016年5月6日放送回に初出演した際も驚きの声が上がったが、徐々にジャニーズ事務所による圧力は薄れてきているのかもしれない。

2010年代になっても続いていたジャニーズ事務所による圧力

 しかし、w-inds.、Leadの他にも、超特急、BOYS AND MEN、Da-iCE、DISH//といったボーイズグループは、人気的には出られてもおかしくないが、いまなお『ミュージックステーション』に出演していない(w-inds.に関しては橘慶太がソロで出演したことはある)。

 ここにジャニーズ事務所の圧力がいまだ絡んでいることを、2017年2月18日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)での「次世代イケメンだらけアイドル30人大運動会」騒動は象徴していた。

 この企画は、超特急、BOYS AND MEN、Da-iCE、XOXのボーイズグループ4組と、イケメン芸人軍団の5組が、グループ対抗で跳び箱、相撲といった競技を行うものだったが、放送では、司会の岡村隆史(ナインティナイン)が持っている台本や、審判の加藤浩次(極楽とんぼ)が付けている名札など、画面のいたるところにボカシの加工がされていた。

 通行人や車のナンバーであったり、スポンサーのライバル会社の商品が映った際などにボカシを入れるのはよくあることだが、出演者の台本にボカシが入れられるのは明らかにおかしい。

 事前に放送されていた告知ではボカシがつけられておらず、そこには「ジャニーズ以外だらけの大運動会」と書かれていた。これにジャニーズ事務所から抗議が入ったため、その文字が書かれたものを消さざるを得なかったからではないかとの話が有力だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。