連載

ドラマ『下町ロケット』は安定の濃さ、『けもなれ』は企画段階から局内で不安視されていた? 秋ドラマ悲喜こもごも

【この記事のキーワード】

『けもなれ』は水曜夜にはきつい

 まぁ、絶対にここで比較しちゃいけないんだけど、返す返すも残念なのは、売れっ子の新垣結衣さん&松田龍平さんがW主演を張るドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)よね。今をときめく田中圭さんや黒木華さんまで豪華キャストが総出演。脚本は言わずと知れた『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』(ともにTBS系)の野木亜紀子さん。どうしたって期待しちゃうじゃない。

 セリフは時にピリリと辛口だったり、ウイットに富んでいて印象に残るものも多いから、さすが野木さんって感じだし、ガッキーは相変わらずめちゃくちゃ可愛いんだけど。何より画面が重苦しくてエネルギーが不足してきた水曜夜に見るにはかなり辛いのよ。カリスマデザイナー・呉羽役で菊地凛子さんが出演していて楽しみにしていたんだけど、画面も暗いし、喋り方や仕草や顔が、何故だか『TERRACE HOUSE』(フジテレビ系)に出ていた島袋聖南さんにしか見えなくて、最初は「なぜテラハの聖南さんが!?」って思っちゃったぐらい。もう一体、誰の仕業?  デザイナー役だし奇抜な衣装だって着こなせるはずの凛子さんなのに、何故か似合ってない衣装をチョイスしていて残念なことこの上なし。呉羽さんが作ったという設定の衣装をガッキー演じる晶が着ていて、こちらはガッキーが見事に着こなしていてアッパレなんだけどな。どうしちゃったんだろう?

 安定のクズっぷりを披露する京谷役の田中圭さんは「クズ男を演じている方が落ち着くしやりがいがある」と言って、圭さんの人気は下がることはないし、京谷の元カノで無職の引きこもり・朱里を演じている黒木華さんも渾身のダメ女っぷりで、もうその演技力には脱帽よ。華ちゃんは野木さんの『重版出来!』(TBS系)でも主演をしていたし、さすがな使い方。晶の同僚役を演じている伊藤沙莉ちゃんも上手くて、彼女はどんな時も決して期待を裏切らず。華ちゃんと沙莉ちゃんのシーンは何回も見直しちゃうぐらいなのになぁ。申し訳ないけど『数字がとれないドラマたち』になっちゃって。

 野木さんとガッキーだから、どうしたって大ヒットした『逃げ恥』を思い出すし、それ以上のものをと視聴者も期待しちゃうから、制作陣が大変なのは分かるんだけど。当初、企画書を見た段階で内々では「けもなれ」ではなく『けもわた』と略してて、「ちょっと『渡鬼』っぽくて面白いかもね」なんて話してたの。だけど、企画書を読んだ誰もが「大丈夫か?」と不安になっていって、日テレ内部からも「これはまずい。『逃げ恥』と比較されるのは当たり前。どうしてこれにした? 大切な野木さんとガッキーを失うんじゃないか?」という声が続出していたのよね。

 そもそも「ラブになるかもしれないストーリー」というそのものからして「よく分からないコンセプト」だとして、心配されていたのよ。ガッキー頼みで強行しちゃったんだけど、ガッキーも圭さんも逃げても恥じゃなかったのにね。

日テレ水曜22時枠は危うい

 しかも初めの取材から、みんなガッキー狙いだったんだけど、日テレ側から「新垣さんと松田さんの対談、2ショットのみのインタビューしか受け付けません」と言われて、みんな「?」になっちゃったし、あげく「松田さんに関しては家族ネタは一切、質問NGです。特にご両親に関しては絶対に聞かないこと」と上から目線での業務命令が発令されて、「今更、松田龍平さんに松田優作さんの話は聞かないよ」と誰もがゲンナリ。

 そんなトラブル続きで、応援したいけど素直に応援できない感じでドラマがスタートして、今や中盤に差し掛かってきたけど、『けもなれ』を担当している記者でさえ「最後まで見続ける自信がないよ。揺らいでいく~」って不安そうにしていたわ。「ガッキーや田中圭、黒木華ら人気も演技力もある俳優の盛大な無駄遣い」とも。さらに事情通に不安の原因を聞くと「特にね、水曜夜は前クールのドラマ『高嶺の花』で最終回にやらかしてくれたから、心配は尽きない」らしくて。

 『高嶺の花』の最終回で何が起きたかと言うと、野島伸司氏が書かれたセリフ「私はお花」があれこれ物議を醸して、「大事な最終回まできて、一瞬にして視聴者を腰砕け状態にしたセリフ」だったそう。事情通は鼻息荒く「確かに初回から視聴率は苦戦してたけど、野島さんだし、主演は大人気の石原さとみが美人華道家として新境地を開こうとしていたし、最後まで見届けようとファンの人も何とか頑張って見ていたのに、最終回の肝となるセリフが『私はお花』だなんて、野島さんの頭がお花畑になっちゃったんじゃないかと誰もが驚いたし、ふざけるなと言った声も続出。それを許したスタッフにも『なぜ止めなかったんだ、不甲斐ない』と上からこっぴどい批判が出た」んですって。さとみちゃんが言ったセリフだから何とか持ちこたえたけど、最終回にこれを言われたら、大爆笑した後、「今までの時間を返せ」って怒りたくなる気持ちも分かるかも……。

 そんな前科(!?)を持つ日テレ水曜ドラマだから、いくらガッキーとはいえ青息吐息でちょっと可哀想。今からじゃもう逃げられないしね。一部からは「野木さんとガッキーの次回作に期待しよう」との声が上がっていて、獣になる前に見切っちゃった人もいるけど、ドラマ作りって本当に難しいのねと今更ながら思う昨今。早くも1月新春クールの出演者もそろそろ発表される兆しだし、もう秋クールは見限っちゃっていいのかも!?

 皆さんはどのドラマを見続けますか?   面白いのがあったら『ドラマを見れない私たち』にホント教えて欲しいわ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。