『中学聖日記』でパワハラ・セクハラされ婚約者にフラれる男・町田啓太に同情

【この記事のキーワード】

 これには視聴者も「なにこれ? あまりにも勝太郎さんが可哀そう」「聖が嫌な女すぎる」「勝太郎は浮気まで許したのに」といった勝太郎の報われなさを嘆く声が相次いだ。また勝太郎には、「吉田羊からパワハラされすぎでしょ」という同情の声も多い。吉田羊演じる原口には、“上司”という立場を利用しているようにしか見えないシーンがちらほらあるためだ。今回もほとんど無断で勝太郎の部屋に押し入っていたが、あれだって“パワハラ”、というかセクハラまじりだ。男性の上司が女性の部下の家に押し入ったら大問題になるだろうし、女性上司が男性部下の家に入り込むのも同罪。勝太郎の塩対応もあって、まったくときめけない関係性だ。

 セクハラに関しては、原口の強引なアプローチは繰り返し行われており、第3話では勝太郎のネクタイを引き寄せ唇を奪っている。上司としては完全にアウトだが、聖との婚約を知った上でキスをしているので余計にたちが悪い。

 勝太郎が原口に“惹かれる”場面があれば、ハラスメントの嵐にならなかったかもしれないが、そういったシーンは今までほぼなく、原口と話す勝太郎の笑顔はいつも口うるさい上司を“かわす”表情にしか見えない。

 次回の第6話はいっきに3年後までスキップし、黒岩は18歳に成長する。また、勝太郎との結婚を選択しなかった聖は、小学校で教師を続けている。3年経ったのに、まだ聖を奪いあいそうな黒岩と勝太郎……そんなに執着するような女性なんだろうか、聖って。最終回までグダグダしつこく聖の奪いあいが続くと思うと、このあたりで視聴者の離脱がさらに加速しそうだ。

(ボンゾ)

1 2 3

「『中学聖日記』でパワハラ・セクハラされ婚約者にフラれる男・町田啓太に同情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。