社会

BTS「原爆Tシャツ」「ナチス衣装」が国際的な問題に ドームツアーは強行するのか

【この記事のキーワード】

BTSのナチス連想パフォーマンスにユダヤ人団体が抗議「謝罪を」

 さらに波紋は広がっている。韓国のファッション誌「CeCi(セッシ)」の2014年9月発売号に掲載されていた写真も炎上中だ。それは、メンバーがナチスのハーケンクロイツがデザインされた帽子をかぶっているもの。画像がネットで出回るや、「日本人じゃなくてもすごく悪趣味に思うはず」「日本だけじゃなく世界をバカにしているのか」などとさらにBTSへの批判の声が大きくなっている。

 これに関連して、2017年に行われた韓国人歌手のソ・デジ(46)のコンサートで、BTSがナチスを想起させる軍服を着用して赤い旗を掲げるパフォーマンスを行っているYoutubeの映像も注目された。

BTS「原爆Tシャツ」「ナチス衣装」が国際的な問題に ドームツアーは強行するのかの画像2

問題となっているBTSの軍服パフォーマンス(SeoTaiji公式Youtubeチャンネルより)

 このパフォーマンスを、米ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が問題視。副署長のエーブラハム・クーパー氏が11日、<原爆被害者をあざけるTシャツの着用は、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない>と指摘し、< BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ>との声明を出すに至った。もはや、日韓の問題では済まないところにまで飛び火しているのだ。

 ナチスを想起させる軍服といえば、2016年に日本のアイドルグループ・欅坂46がナチス風衣装を着用していたことに対しても、サイモン・ウィーゼンタール・センターは抗議している。ナチス風の衣装やパフォーマンスは、「ファッションだから」「他意はない」で許容できないというのが、国際的な歴史認識だ。

BTSは「自分たちは日本の被害者」という認識?

 もちろん、この騒動は韓国でも大いに注目を集めている。11日付の「朝鮮日報」は、<偏狭な日本のテレビ局、防弾少年団の出演が相次ぎ白紙に>という記事タイトルで、BTSが日本メディアへの露出を制限されたことを報じ、<韓国のコミュニティーサイト「DCインサイド」「日刊ベスト貯蔵所」などでは「われわれも日本のAKBメンバーが所属している(韓日合同アイドルグループ)IZ*ONE(アイズワン)のテレビ出演を阻止しよう」と過激な反応も見られる。>と、韓国国内の動向を伝えている。

徴用工判決のみならずエンタメ界でも嫌韓ムード BTS(防弾少年団)、IZ*ONE、iKON…続く炎上

 戦前に日本が朝鮮の人々を強制労働させていた「徴用工」の問題。元徴用工が求めた損害賠償の裁判に対し、韓国の最高裁が新日鉄住金への支払命令を出した…

ウェジー 2018.11.01

 そこかしこに火種はくすぶっていたにせよ、BTSの「原爆Tシャツ」の件を通じて、日本国内での嫌韓ムードが高まり、相乗的に韓国側の反発もヒートアップしているように見える。両者が冷静になることが望まれるが、今のところ、そのきっかけすら見つからない。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。