ジャニーズの出待ちは「暗黙のルール」で許されてきた? 迷惑ファンにマナーやルールは通じない

【この記事のキーワード】

 山田氏いわく、コンサートではなく舞台公演の劇場は出待ち可能で、「手紙を渡したい人のみ」「代表者が全員の手紙をまとめて渡す(じゃんけんで決める場合も)」「撮影禁止」「私語禁止」「携帯電話の電源を切る」「握手禁止」とのルールがあったのだという。

 また電車では「同じ車両に乗るのはNG」「ホームには上がらず改札の外で出待ち」、飛行機では「同じ便に乗るのはNG」「同じ便だったらブランケットなどをかぶり存在を隠す」といったルールも存在すると山田氏は言う。

 しかしながら、今はSNSなどでタレントの目撃情報を入手しやすく、昔とは状況が違うとして、社会学者の古市憲寿氏は「昔よりファンが暴走している面が、もしかしたらあるのかな」と指摘した。

 すると山田氏は「昔は歌番組が毎日あって、そういうのを見ることで気持ちが発散されたようなこともありました」「もっと昔はアイドルが遠かった」と回顧。また、橋口いくよ氏は「マナーの良さはファンの誇り」「やっぱり出待ちはいけないけど待ちたい人ってどうしてもいる。けど迷惑をかけない範疇でグレーゾーンでやろうよというところで、すごく大きな声で『ダメだよ!』という人がいたのを見たことがある。ただそういう歯止めも一部では効かなくなっている気がする」と語ったが、おそらくヤラカシには今も昔も、“鉄の掟”など通じないのではないか。

 ファン同士のコミュニティに自浄作用があれば、このような事態にはなっていない。グループ数も増え、ファンの数も飛躍的に増加しているのだから、タレントも熱心なファンも多くはなかった昔のようには統率できないだろう。

 また、山田氏らが「出待ち」を肯定したことには疑問だ。劇場付近であれ、集団でたむろしていれば近隣への迷惑にはなるだろう。駅の改札外での出待ちも、ホームほどの危険は伴わないにしても、周囲への迷惑という点では変わりない。そしてなにより、タレントたちにとって、ステージの外でも追い掛け回されることが苦痛なのだとしたら、グレーゾーンでもダメなものはダメだろう。

 ジャニーズ事務所は手紙こそスタッフがタレントに渡してくれるというが、それ以外のプレゼントはすべて断るか返送するルールになっている。どのようなものが贈られるかわからない以上、危険物や気味の悪いものが混入される懸念はあるため、すべて断ることでタレントを守る以外にないようだ。

 ジャニーズファミリークラブでは、所属タレントやスタッフへの付きまといや危害を加える行為、各種交通機関の運行に支障をきたす行為などを明確に禁じている。禁止事項を守れないのであれば、ファンを自称していても会員資格を剥奪せざるを得なくなるだろう。

 暗黙のルールによる自浄作用が期待できないヤラカシの蛮行。大倉は相当な苦痛だと吐露したが、悪質なつきまといは警察に通報するなどの措置も今後は取られていくかもしれない。

1 2

「ジャニーズの出待ちは「暗黙のルール」で許されてきた? 迷惑ファンにマナーやルールは通じない」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。