エンタメ

キンプリ紅白内定に「なんで?」のブーイングも 荒れ模様の出場者予想

【この記事のキーワード】
『シンデレラガール』(初回限定盤B)。初紅白で披露する?

『シンデレラガール』(初回限定盤B)。初紅白で披露する?

 2018年も残すところ1カ月半、大晦日に生放送されるNHK紅白歌合戦の出演者予想が佳境に入っている。11月13日付のスポーツ報知は、今年5月にデビューしたジャニーズグループ「King&Prince」(以下、キンプリ)がNHK紅白歌合戦への初出場が内定したと報じた。

 キンプリは、5月に発売したデビュー曲『シンデレラガール』が約70万枚の大ヒットを記録。同曲は4月期ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の主題歌にも抜擢され、メンバーの平野紫耀(21)が主演をつとめた。さらに、10月に発売した2ndシングル『Memorial』も初週売上40万枚を突破。2018年のジャニーズの顔としても誉れ高く、人気・実力ともに折り紙つきのキンプリが、デビュー1年目にして、紅白への切符を手にするとしても違和感はないだろう。

 ほかの初出場者として名前が上がっているのは、2018年ロシアW杯のNHKテーマソング『VOLT-AGE』を歌ったSuchmosや、現在放送中のドラマ『獣になれない私たち』(TBS系)の主題歌を歌うあいみょん(23)、エレファントカシマシのボーカル・宮本浩治(46)など。また、2年間の活動休止を経て今年11月に復活したバンド・いきものががりは復帰ステージとなると報じられている。

 その一方で、ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)主題歌の『Lemon』が大ヒットを飛ばし、NHK側が出演を熱望していると噂の米津玄師(27)については、NHK側が出演を熱望したもののかなわなかったと見る向きが強い。

キンプリファン、紅白出場は嬉しくない?

 平成最後の紅白には若い世代も意外と関心を持っているようで、キンプリの大抜擢がフライングで報じられたことに、とりわけ注目が集まっているようだ。

 紅白出場を決定したキンプリの年末は、とにかく多忙を極めると予想される。メンバーは、12月初旬から1月下旬にかけて、東京・帝国劇場で初冠舞台「ジャニーズ King&Prince アイランド」を上演。ちなみに、同舞台は大晦日だけポッカリと休演日となっていたため、ファンの間ではかねてから紅白出場当確との噂があった。紅白のリハーサルが予定されている29、30日は、夜公演との掛け持ちになるという。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。