政治・社会

BTSの「原爆Tシャツ」謝罪と公式説明にバッシング続く 謝罪会見の必要はあるのか

【この記事のキーワード】
BTSの「原爆Tシャツ」謝罪と公式説明におかしなところがあるかの画像1

BTS(防弾少年団)『FAKE LOVE/Airplane pt.2(初回限定盤A)』(Universal Music)

 韓国のヒップホップグループ・BTS(防弾少年団)が、「原爆Tシャツ」やナチスをあしらった衣装の問題で揺れ続けている。13日午後、BTSは東京ドームで予定されていたコンサートを強行した。

 会場前や最寄りのJR水道橋駅付近で、抗議団体が「BTSは日本から帰ってください!」などと叫ぶデモが行われ、複数人の警察官が目を光らせる緊迫ムードのなかでコンサートは開幕。メンバーが騒動について言及することはなかったというが、渦中の「原爆Tシャツ」を着用したメンバーのジミン(23)は、コンサート終盤に差し掛かると、「心配させてごめんなさい」とファンに向けて謝罪した。

 この日の夜、BTSの所属事務所「Big Hit Entertaiment」は、公式の謝罪文を発表した。

 謝罪文では、①<原子爆弾の画像があしらわれた衣服をアーティストが着用していた問題>のほか、②<韓国での雑誌の撮影の際、ナチスのシンボルが入った帽子をアーティストが着用していた問題>及び、③<過去のパフォーマンスにおいて、ナチスのシンボルを想起させるような旗をアーティストが掲げていた問題>、この3点について、仔細な説明がなされている。
まずBTS側は、<戦争および原爆等を支持せず、これに反対し、原爆投下により被害に遭われた方を傷つける意図は一切なく、今後もないことを明らかにいたします。>と前置き。

 それから、①の通称「原爆Tシャツ」問題について、<原爆のイメージが入った衣装の着用に関して、上記のように一切の意図はなく、衣装自体が原爆被害者の方々を傷つける目的で製作されたものではないと確認されていましたが、当社が事前に十分検討できず、アーティストが着用したことによって原爆被害者の方々を意図しないまま傷つけたこと、及び、アーティストと原爆のイメージが重なるように見えたことで不快感を与えたことについて、心から謝罪します。>と、謝罪した。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。