連載

赤西仁もほとほと困り果てていたKAT-TUNヤラカシ軍団、執念のテクニック

【この記事のキーワード】

田口淳之介のヤラカシは凄すぎるテクニック

 淳之介くんの時は、CDデビューしてまもなくの頃だったかしら。東京都内におうちを新築してご家族で新しい生活を始めた時の事。取材の後で「今日はこのまま自宅に帰る」と言うのでタクシーを呼んだの。メンバーはまだ仕事の人と遊びに行く人がいたのでそれぞれ別行動に。マネージャーは仕事に向かうメンバーを車に乗せて先に移動していって、さて撮影スタジオにタクシーが来たからじゅんのを乗せて「じゃあね、気をつけて。バイバ~イ」とお見送りした数分後、「すごい勢いでヤラカシに追われてる」との緊急連絡があったのよね。

 このままじゃ新居がバレてしまうし困っちゃったアツたちは、スタッフと相談して「悪いけどとりあえず1回帰ってきて」とお願いして、じゅんのをスタジオに呼び戻したの。タクシーの運転手さんに事情を聞くと「スタジオを出て少し経って気づいたんですが、数台に付けられていました。女性ですけど、とんでもないドライビングテクニックを持つ車が2台いて。うちの運転手になって欲しいぐらいの腕前です」との事で、呆れるぐらい運転技術が高くて「振り切るのはプロの僕ら運転手でも至難の業」だと言ってたわ。

 しかも「素性を隠すためかレンタカーなんですよ。慣れない車であれだけ上手く運転できるなんて、使い方を間違えなければ成功するのにね」なんて話す運転手さん。そうか、凄腕ドライバー相手にまくんだから一筋縄ではいかないねといろいろ話し合った結果、「ドアが2つあるコンビニに入って、裏側から出て逃走する」作戦を立てたの。

 タクシーも2台用意してそのときは何とか脱出成功となったんだけど、「何か俺の方が悪い事でもして逃げてるみたいじゃん。犯罪者にでもなった気分だよ」なんてじゅんのが言っていて、辛くなっちゃったわ。

 でね、そんな事があった数日後。「コンビニの逃走劇をしようとしたら今日は失敗しちゃった。ヤラカシが学んでたよ~。あっちも2台で行動していて、コンビニの裏側の出口でもう1台が待機してたんだ。やられたー!」との報告が。大切なご家族と暮らすための新居も、結局「ものの1週間もしないうちにヤラカシにバレてた」とかで「スクープを狙う週刊誌より嗅ぎつけるのが早かった」そう。

 笑うに笑えないこんな状況でも、じゅんのは「ちゃんと応援してくれるファンの人たちもいるからね」とただただぐっと我慢を重ねていて、切なくなっちゃったのを覚えているわ。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。