連載

赤西仁もほとほと困り果てていたKAT-TUNヤラカシ軍団、執念のテクニック

【この記事のキーワード】

亀梨和也「ハイフンのみんなは最後のメンバーなんだから…」

 現在、第一線で活躍している某グループのメンバーも「新幹線移動の時、朝イチでご飯を食べてから行くんだ。それがすっごい楽しみで」とよく言っていて、「東京駅から乗る場合が多いから、本当は東京駅構内で好きなお弁当を買いたいけど買いには行けない。テレビとかで見るといろんな種類があって美味しそうなのに」と遠い目で語り始めたことがあるの。

 続けて彼らが言うには「で、東京駅だとバレやすいから、新橋や有楽町の立ち食いそば屋さんとか牛丼屋さんに寄って食べるんだ。メンバー2~3人ずつに別れてササッと食べる。サラリーマンやおじさんたちに紛れてね。誰にも見つからなくてラッキーと思ってたんだけど、やっぱりバレちゃって。そうなるとお店にも迷惑がかかるし、駅に入ったら入ったでめちゃくちゃ追いかけ回されて、通行人にも多大なるご迷惑をおかけするしね。今はもう行けなくなっちゃった」ってガッカリしていて。

 最初は「どんな朝ご飯なんだろ?  もしや高級ホテルでブレックファスト?」なんて想像していたんだけど、今をときめくアイドルが「メンバーと一緒にこっそり、駅近の牛丼屋さんや立ち食いそば屋さんに行くのが最大の楽しみ」だなんて言うのよ。でもそのささやかな楽しみさえ奪われてしまうなんて、もう一体全体どうしたらいいんでしょ?

 好きな人に逢いたい気持ちも十二分に分かるし、好きだからこそもっともっと知りたくなって近寄りたくなっちゃうものだけど、そこはやっぱり節度を持って接しないとね。あの強靭な精神力を持つたっちょんが「そろそろ限界だ」なんて言うぐらいだから、本当に心底、限界なんだと思うの。大好きな人をそこまで追い詰めちゃうなんてダメ絶対! よね。ちゃんとマナーを守って応援している本来のファンの人たちの評判も落としちゃうし、残念としか言いようがないわ。

 前に亀ちゃんも「ファンの人、俺らの場合はハイフンだけど。ファンの人はそのタレントに似るって言うでしょ。お互いが合わせ鏡みたいな存在だって。だからファンの人がおかしな行動をとると、応援しているそのグループ自体が“おかしなグループ”なんだと評される。それはとても悲しい。ハイフンのみんなは最後のメンバーなんだから。だから俺たちもちゃんと大人な行動をしないとなと思ってる」と言ってたけど、ホントそれ大事!  自分が応援している最愛のアイドルの名を地に落とすような事はしちゃいけないものね。たっちょんのブログを読んで、いろんな事を考えさせられた昨今でした。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。