エンタメ

浜崎あゆみのライブマナーが波紋、左手薬指の指輪も「結婚したの?」と混乱呼ぶ

【この記事のキーワード】
浜崎あゆみのライブマナーが波紋、左手薬指の指輪も「結婚したの?」と混乱呼ぶの画像1

浜崎あゆみInstagramより

 10月19日の千葉県・森のホール21を皮切りに、現在全国ツアー『ayumi hamasaki LIVE TOURーTROUBLEー2018ー2019』真っ只中の浜崎あゆみ(40)。SNSでの振る舞いなどが常に話題となる彼女だが、今回、このツアーにファンが持参する手作りうちわを巡り騒動が巻き起こっている。

 事の発端は浜崎あゆみが11月15日に更新したインスタ投稿。ツアーの模様とともに次の文章を綴っていた。

<手作りうちわは後部座席の人に迷惑にならない様に等の基本的なマナーを守ってくれたら注意されたりしないから大丈夫だよ!そりゃ手作り巨大パネルとかはだめよん。笑楽しみにしてるねっ>

 『手作りうちわ』についてはこの投稿から遡って同月7日と9日に運営スタッフがツイッターでアナウンスしていた。「ステージを見る妨げになる事がありますので『会場内での手作りうちわ・ボードなどの使用』はお控え頂くようお願いしています」と、“使用の禁止”を明言していたのだ。しかも二度。

 しかしスタッフの明言したルールに反して、浜崎は“基本的なマナーを守ればOK”との見解を示したことからファンは混乱。浜崎の投稿を受けて運営スタッフは改めて次のようにツイートした。

<応援グッズにつきましては、オフィシャルグッズの使用に関しても、手作りグッズ(うちわ)に関しても同様のルールで後方席の方の視界の妨げになる大きさのものの使用、胸元より高い位置に掲げる等の周りのお客様のライブ観覧の妨げになる行為、怪我をさせる行為、ライブ演出・運営の妨げになる行為などは禁止させていただいています>

 結局、主役・浜崎の意志に沿う形で、“後方席の視界の妨げにならなければOK”との見解で統一されたようだ。

 これについてネット上ではファンがブーイング。「ayuとスタッフの間でちゃんと統一して下さい」「手作りうちわ良いとか言わないでそりゃ、見てもらえたら嬉しいけどあゆちゃんに見てもらいたくて絶対みんなマナーなんて忘れて高くあげちゃうと思うし最前列とかの人達いいけど後ろの人達は余計見えなくなっちゃうよ…」と、マナーが守られないことを懸念する声が多い。浜崎や運営が『視界の妨げにならないように』とあくまで条件付きOKとしても、結局、それを持ち込むファンはコンサートが始まれば興奮してそれを高く掲げるであろうことを、多くのファンが懸念している。

 うちわを持ち込むにしても控えめに掲げるのがこの流れにおける正しい解ではあろうが、そうはいっても浜崎が「楽しみにしてるねっ」というのだから、もちろん思わず張り切ってしまうファンもいることだろう。ツアーは来年2月の沖縄がファイナルで、まだまだ続く。“手作りうちわ”を巡るファンの心配はその日まで続くこととなる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。