政治・社会

ポケモンカード人気再燃で転売屋また暗躍も、“完全に赤字”の怨み節! 株式会社ポケモンの良対応

【この記事のキーワード】
ポケモンカード人気再燃で転売屋また暗躍も、完全に赤字の怨み節! 株式会社ポケモンの良対応の画像1

ポケモンカード公式HPより

 日本が世界に誇るビッグタイトル『ポケットモンスター』。シリーズ待望の最新作となる『ポケットモンスター Let’s Go!(レッツゴー) ピカチュウ』『ポケットモンスター Let’s Go!(レッツゴー) イーブイ』が16日に発売された。今作は、家庭用ゲーム機Nintendo Switch向けに初投入となるほか、スマートフォンアプリ『Pokémon GO』と連動する。

 1996年に第一作が発売されたポケモンシリーズは、現在も、小中学生を中心に幅広い世代から支持を集めている。今作も、子どもにせがまれて購入するという親は多いだろう。少し早いクリスマスプレゼントという家庭もあるかも知れない。

 ポケモンの根強い人気は、ゲームだけに留まらない。ここ最近、人気を集めているのが『ポケモンカード』だ。人気YouTuberがポケモンカードバトルに興じる動画をアップしている影響もあり、小学生の間で一大ブームとなっているという。他方で、ファンが急増したことでポケモンカードは品薄状態が続いており、カードを買えないファンの嘆きの声が相次いでいた。

やはり転売屋に目をつけられた『ポケモンカード』

 そんななか、11月2日に『ポケモンカードゲーム サン&ムーン』の最新弾、『GXウルトラシャイニー』(1パック540円)が発売された。ハイクラスパックと銘打たれた『GXウルトラシャイニー』は、強力なGXカードが1パック(10枚)につき1枚、色違いデザインのカードが1BOX(10パック)につき1枚封入されており、希少性の高いカードが確実に手に入るとして、発売前からファンの期待値は高かった。

 2日早朝、ポケモングッズを取り扱う全国の店舗に長蛇の列ができあがっていた。しかし、徹夜して並んだと見られる人々の列には、親子連れや子どもの姿はなく、明らかに転売を目的とした大人の姿も目立つ。この様子はTwitterで拡散されて物議を醸した。結果的に『GXウルトラシャイニー』の店舗販売分はすぐに売りきれ、発売直後から品薄となっていた。

 そして案の定と言うべきか、発売当日から、メルカリをはじめとするフリマアプリには、高額な『GXウルトラシャイニー』の出品が相次いだ。たとえば、1パック8,000円(正規の値段は540円)、4ボックスで3万3,000円(正規の値段は5,400円)などと、定価の何十倍もの価格がズラリと並んでいた。カード欲しさに負け、転売に便乗してしまうファンも多かったようだ。転売を行ったと見られるあるTwitterユーザーは、<200万円分購入して50万円の儲けが出た>などと豪語し、ファンの怒りを買っていた。

ポケモンカード人気再燃で転売屋また暗躍も、完全に赤字の怨み節! 株式会社ポケモンの良対応の画像2

メルカリの『GXウルトラシャイニー』出品一覧。発売直後より落ち着いたが、一部にはまだ高額出品が見られる。

 しかし、ポケモンカードを販売する株式会社ポケモンは、こうした事態を見越していたようだ。数日後には、大量の増産分が各店舗に再入荷され、再販されるに至った。現在は、人気商品ゆえ品薄状態は続いているようだが、正規の値段で購入できる状態へと改善されている。転売対策とも見られる株式会社ポケモンの対応を賞賛するファンの声も多い。

 一方で、転売行為が失敗に終わった転売屋は、ネットで愚痴を吐き散らしている。<完全に赤字。こっちは生活かかってんやぞ!><転売屋を困らせて楽しいか?>などと、見当違いもはなはだしい書き込みを見て、転売行為に苦しめられていたファンは溜飲を下げたことだろう。

 ちなみにメルカリでは、いまだに不適切な価格での出品が確認されるが、これは在庫を抱えた転売屋のものと見られる。前述の通り、現在は店頭で正規の値段で買えるため、転売行為に便乗してしまわないよう注意が必要だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。