政治・社会

ディズニーランド「11時間待ち」の大盛況も素直に喜べないブラックな裏事情

【この記事のキーワード】
ディズニーランド「11時間待ち」の大盛況も素直に喜べないブラックな裏事情の画像1

曇天の「東京ディズニーランド」エントランス

 11月18日、千葉県・浦安市の東京ディズニーランドには、多数のファンが押し寄せた。人気アトラクションで、ミッキーマウスと記念撮影ができる「ミッキーの家とミート・ミッキー」は、ピーク時には約11時間(660分)待ちの行列ができ、その盛況ぶりが話題となった。

 じつは、この日はミッキーの「誕生日」。1928年11月18日、ミッキーマウスが短編映画『蒸気船ウィリー』に始めて登場したことにちなんでいる。ミッキーの90歳の誕生日ということで、ファンがお祝いに集まったようだ。

 運営会社のオリエンタルランドによれば、「公式な記録はありませんが、11時間の待ち時間は聞いたことがない」としている。ディズニーランドといえば長い待ち時間がお決まりだが、かなり異常な状況だったようだ。

 当日のSNSの投稿を見ると、現場に足を運んだディズニーファンが「誕生日ミッキー〜 会えてよかった〜」と感想を述べるつぶやきのほかに、「並ぶだけで半日終えるなんてファンの忍耐力すごい……ミッキーって偉大だなあ」「ディズニーファンやばいって思ったけど、わたしも11時間並べば推しに会えるってなったら絶対並ぶわ。理解できた」などと、さまざまな感想が飛び交っていた。

 一見すれば明るいニュースだが、ディズニーランドの盛況を素直に喜べない事情がある。

 明けて19日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)はこのニュースを取り上げ、行列に並ぶファンのようすを交えて紹介した。番組のゲストたちがミッキーファンの熱意に驚く意見を述べるなか、MCの加藤浩次(49)は顔をしかめて、「並んでる方も大変だと思いますけど、ミッキーも大変じゃないですか」と指摘。さらに、「ミッキーの休憩はあるんですか?」と疑問を投げかけた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。