政治・社会

学校朝食の希望 「朝ごはんくらい家庭で…」と批判するなかれ

【この記事のキーワード】
【完成】「学校朝食」の希望 「朝ごはんくらい家庭で…」と批判するなかれの画像1

Thinkstock/Photo by Milatas

 学校で子どもたちに朝食を提供する「学校朝食」の取り組みが全国で広がっているという。朝食を食べない小・中学生が増加傾向にあること、毎日朝食を取る児童生徒ほど学力調査の得点が高い傾向にあることは、文部科学省や農林水産省の調査結果からも関連が指摘されている。

 11月16日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、近年朝食を食べていない小学生が増加しつつあり、学校給食がそのような子どもたちの救世主になるかもしれないとして「学校朝食」の取り組みが紹介された。

 「学校朝食」に対する視聴者の反響は大きく、ネット上では様々な意見・感想が飛び交った。学校朝食を「素晴らしい」「食育の実践」という声もあるが、「本来親の役目では?」「子どもの朝食くらい親が作れ」「育児放棄」「美談にする話じゃない」と疑問や違和感を唱える声も多く、また、かねがね教員の過重労働が指摘されていることもあってか教員の負担増を懸念する声も相次いでいる。

 『めざましテレビ』では、いくつかの学校および自治体の学校朝食の取り組みがクローズアップされた。たとえば、東京都足立区の足立入谷小学校では、月2回「学校で朝ごはん」を実施しており、朝食代は無料、希望する児童やその兄弟を対象に学年単位で参加を呼び掛けているとのことで、番組の取材当日は1年生が対象のため一緒に参加する保護者の姿も見られた。

 番組によれば、「学校で朝ごはん」の実施日、足立入谷小では、朝6時過ぎに地域のボランティアの方々が家庭科室にて、地域から提供された食材で魚や野菜をふんだんに使った朝食を50人分作り、朝食を希望する児童たちは授業が開始する8時45分より1時間早い7時15分に登校し、みんなで朝食を食べる。

 朝食を食べた児童たちは「めちゃめちゃ幸せです」「みんなでワイワイ食べるので嬉しいです」と笑顔を見せ、参加した保護者たちも「野菜とか家だとほとんど食べないけどここではたくさん食べる」など良い反応で、吉田益巳校長は「朝ごはんを食べた日は担任が困るくらいにハイテンションで元気に一日を過ごしているみたいです」と有効性を語っていた。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。