エンタメ

『獣になれない私たち』新垣結衣と松田龍平に「ラブ」が芽生える可能性は低い!?

【この記事のキーワード】

晶と京谷のは別れず、仲直りもしない

 その懇親会は、浮気騒動以来ずっと気まずいままの晶と京谷が、久しぶりに顔を合わせる場でもあった。そりゃ、晶も場を仕切るどころではない。京谷が「人前でキスするカップルの気持ちだけはわからない」と言い、晶は「それ私のことだよね」と返して二人は口論に。なのに結局、別れるわけでも仲直りするわけでもなく、不仲状態が続行する形となった。このカップルのグダグダ感よ。

 京谷と喧嘩をした後、晶は心のもやもやをぶつけるために1人で呉羽のお店に向かった。「呉羽さんのせいだから!」と京谷と寝た彼女に思いの丈をぶちまけるが、呉羽はそんな晶を抱きしめ、「疲れちゃうよね」と慰める。呉羽は今作のなかで唯一“獣”として描かれ、本能のまま生きているかのように見える女性。自分を責める相手を抱きしめるその行動、やはり腹の底が読めない。

 しかし、そんな呉羽の心の中が少しだけ開示された。呉羽と橘カイジは偽装結婚かもしれないという話を聞いていた晶は、自分を抱きしめる呉羽に対し「どうして恒星と別れたのか」と質問する。すると彼女は、数カ月前に筋腫が大きくなり子宮を全摘出したのだと告白。子供が産めない体になったことを恒星に話したところで、「気にするな、自分は気にしない」と言われるだろうと予想した呉羽は、恒星と真剣に付き合おうとは思えなかった。

「私にとって大したこと、大事なことを話せないって、どんなに体重ねても話せないのってなんか寂しいじゃん」

 結果的に、このことを素直に話せた橘カイジと結婚したという。そこへ恒星も登場し――。

『獣になれない私たち』の視聴率が二桁に復活! 松田龍平が選ばれなかった理由がリアル

 新垣結衣と松田龍平のダブル主演ドラマ『獣になれない私たち(以下、けもなれ)』(日本テレビ系)。今月14日に第6話が放送され、平均視聴率は10.…

ウェジー 2018.11.15

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。