政治・社会

LGBTはカミングアウトすべき? すべきでない?

【この記事のキーワード】
LGBTはカミングアウトすべき? すべきでない?の画像1

『カミングアウト』(朝日新聞出版)

 最近、ツイッター上で、性的指向に関するカミングアウトについて、否定的に語る意見と、それに対する批判が飛び交っていた。私が目にした否定的な意見は、主に次のような主張だ。

「『LGBT活動家』は、当事者に『カミングアウトすべきだ』と言い過ぎている、カミングアウトを考えている人はそのことによるリスクを十分に考えるべき、カミングアウトにより自分は楽になるかもしれないがそれで相手が重荷を背負うことになることも考え慎重にならなくてはいけない」

 それに対して、いろんな人がそれぞれの観点から批判していた。まず冒頭の「活動家は」が曲解であるということは共通した批判だったと思う。LGBTの人たちが社会でより顕在化した方がいいと思い活動している人たちでも、基本的に「カミングアウトをしたいと思った人がしやすい社会を」、ということを言っているのであって、その人の置かれている状況を全く考えずにむやみやたらに勧めている人を私は知らない。

 私自身、約10年前に『カミングアウト・レターズ』(太郎次郎社エディタス)を友人と編集し、今年『カミングアウト』(朝日新聞社出版)を出版したが、どちらでも、誰かが誰かにカミングアウトすべき、すべきでないとは言えないという立場で書いている。

カミングアウトを受ける前に知っておきたいこと――『カミングアウト』著者・砂川秀樹さんインタビュー

『おっさんずラブ』(テレビ朝日)や『弟の夫』(双葉社、NHKにてドラマ化)などの作品が人気を集めている。日本において同性愛に対する価値観が少しず…

ウェジー 2018.07.16

 しかし「LGBT運動家」の曲解より私が気になるのは「カミングアウトのリスクを考えるべき」「相手にとって重荷になる」という二つの否定的な語りだ。というのも、こうしたカミングアウトの見方は、人を完全に個別化し、共感や共苦といった人がつながる回路を閉ざしてしまうような、ある人間観、コミュニケーション観に基づいているからだ。

 それは、伝える側が自分の中だけで考え、自分の中だけで生まれた欲求に動かされ判断し、相手に一方的に自分の情報を自分の中にあった感情とともに手渡すというものだ。

 その後、情報を受け取った側もまたその人だけでその情報を背負う。このイメージは、まずカミングアウトを、それがおこなわれる文脈から完全に切り離しているし、人は互いに完全に独立した個で、分離独立して存在していると考えている。しかし、そのイメージは、現実の人間やコミュニケーションとかけ離れていると私は思う。

背景と関係性の中で起きるカミングアウト

 コミュニケーションというものは基本的にそうだと思うのだが、カミングアウトには、それが生じる社会的な背景、個人的な関係性があり、それを抜きにして語ることはできない。

 社会的背景は、例えば「同性のことが好きである」ということを言わない場合には、基本的に異性が好きであることを前提として話がされるということであったり、異性を好きな人が、それにまつわる話――心を寄せている人の話、付き合っている人の話、結婚相手の話、好きなタイプの人の話――を家族や友人、同僚としながら、それによって関係性を深めていたりすることである。あるいは、異性愛という性的指向が、結婚という形で制度化されているが、同性愛はそうではないことも重要な背景の一つだ。

 そうした生活の中で、自分の性的指向を言いたいという思い、異性愛者のふりをすることが嫌になる感情といった気持ちが生じても、それは当然なことだ。しかしまた、同性を好きなことを否定的に語る言葉への出会い、あるいはそうしたことは隠すべきという価値観を自分の中に取り入れる中で、伝える気持ちが起きないということも、また同じく当然のことである。

 一方、個人的な関係とは、ある年齢になってくると親から異性との結婚を期待する声が聞かれたり、あるいはプレッシャーをかけられたりすることなどがある。異性との付き合いが全くないがゆえに孤独なのではと心配している親に、自分には同性パートナーがいるのだと伝えたいという思いも個人的な関係性だ。また、自分のパートナーと関係性を伝えておかなければ、どちらかに何かあった場合に困ると考えることもあるだろう。

 こうした個人的な関係のありようがひとりひとり違うし、社会的な背景の取り入れ方も皆違うので、どういう決断をするかは、とても複雑な流れの中にある。その複雑さを前にして、慎重であれとも、ぜひやるべきとも一般化して言うことはできない。

 だが、どういう社会的な価値観が広がっていくほうがいいか、ということを考えることはできる。私は、社会全体によりカミングアウトしやすいような価値観が広がっていってほしいと思っている。そして、個人的関係も社会の中に埋め込まれているのだから、そうなれば、個人関係でも言いやす関係が増えていくと考えている。そういう社会を目指すことは、したくない人はしなくていい、ということと矛盾しない。

 また、カミングアウトをしやすい価値観が広がる社会は、カミングアウトを受け止めやすい社会でもある。もし、カミングアウトを重荷と感じる人が多いなら、そう感じる人が少ない社会をつくっていこうと考えるほうが希望があるのではないだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。