政治・社会

煮えたぎる鍋に従業員の顔突っ込み大火傷、鉄パイプで殴打…明らかな暴行を「遊び」「悪ふざけ」と弁解する会社

【この記事のキーワード】
【完成】煮えたぎる鍋に従業員の顔突っ込み大火傷、鉄パイプで殴打…明らかな暴行を「遊び」「悪ふざけ」と弁解する会社の画像1

Thinkstock/Photo by kazoka30

 「週刊新潮」2018年11月29日号(新潮社)が、渋谷区にある芸能プロダクションの社長である20代男性が、「熱湯が入ったしゃぶしゃぶの鍋に従業員の顔を突っ込む」パワハラをはたらいたと報じている。

 同誌によると事件が起きたのは、2015年12月に行われた会社主催の忘年会。社長は被害者の男性従業員に対して、「クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ」と指示したと、被害男性は供述している。

煮えたぎる鍋に顔をつけ、上から押さえつける

 「デイリー新潮」では、男性が鍋に顔を突っ込む証拠動画も公開。男性が鍋に顔を突っ込んだのは計2回で、周囲のカウントダウンと共に男性が沸騰する鍋に顔をつけ、その頭を他の人物が手で押さえつけるという状況が3秒ほど続いた。きわめて危険な行為である。周囲からは笑い声が聞こえるが、これのどこか面白いのだろうか。

 記事によれば相当、酒が入っていたようで、被害男性の記憶も定かではないというが、被害男性の顔面は皮膚が真っ赤にただれ、救急外来を受診。診断結果は、Ⅱ度の火傷で、後遺症や傷跡などが残る可能性もある怪我であった。記憶があいまいであっても、この証拠動画からは何が起こっていたのか一目瞭然だ。

 この被害男性は日常的に社長からパワハラを受けており、給料をもらえないことや坊主にさせられることもあったといい、精神的に追い詰められていたようだ。事件が起こった忘年会当日も、鍋に顔を入れろと言われただけでなく、多量の酒を一気飲みすることも強要されたと述べている。

 被害男性は「自分が事務所に入れたタレントもいる」という責任感から、なかなか会社を辞めることができなかった。しかしイベント運営をめぐって理不尽な借金を背負わされたことがきっかけとなり、退職したという。

 「週刊新潮」はこの芸能プロダクションを訪問し、社長に動画を見せたうえでコメントを求めているが、社長はその場での回答は避け、後日「悪ふざけであった」「日常的なパワハラも事実でない」という旨の文書を送付したそうだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。