政治・社会

ZOZO社長はパートの給与を引き上げるべきか――「富裕層への課税」「貧困層への福祉」平行線の議論

【この記事のキーワード】

AbemaTV公式サイトより

 11月18日の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)に、ZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZOのコミュニケーションデザイン室長・田端信太郎氏と、生活困窮者の相談や支援を行うNPO法人ほっとプラス代表理事・藤田孝典氏が生出演し、富裕層への課税や労働問題について公開討論を繰り広げた。

 先月、田端氏と藤田氏はTwitter上で大激論を展開していた。きっかけは、10月4日、株式会社ZOZOの前澤友作代表取締役社長によるツイートだ。

<2016年度77億円、2017年度34億円、2018年度70億円(予定)。個人での国内における所得税や住民税などの納税額です。買い物もするけど、税金もしっかり納めております。これからももっと稼いでいっぱい買い物して、いっぱい納税します!>

 これに藤田氏は意見した。

藤田氏<ZOZOTOWN前沢社長のように、普通は開示しないから見えないだけで、年収が一億円を超える富裕層は就労収入ではなく、株や不動産、運用による資産収入が大半。いわゆる「不労所得」であり、ここに課税強化しなければ社会保障は回らないし、消費税増税の合意も形成されない。税が安すぎるよ>

 すると田端氏が<いっそのこと「不労所得」とやらは税率100%にしたら?とか具体的な税率の提案が欲しいですねー>とリプライを送り、田端氏と藤田氏によるTwitter上での大激論が勃発。

藤田氏<「経済力ないヤツは子どもを産むな」から「経済力なくても産まれた子どもはみんなで支えるよ」に変われないなら、そんな国は無くなった方が未来の人類、子どものためだと思う>

田端氏<これ要するに「貧乏人の子沢山」でもオッケー!!ってことでしょ?女性の皆さん、どう思います???>

藤田氏<もう現代日本では「貧乏人の子沢山」は死語だし、現実に多子世帯は高所得者が多いというのは様々な論者が指摘していますよ。低所得世帯への再分配を強めないと世帯形成は困難になっています。対談以前に社会構造の理解で噛み合わない気がします。ZOZOには人が他にいないのでしょうか?>

田端氏<現実がそうなら、日本の少子化を救うには、高所得者の子沢山を増やすしかないですが、それに対しては藤田さんはNOなんですよね?じゃあ、どうやって日本の少子化を解決なさるおつもりなのでしょう?>

 このような具合で両名の議論は続き、前澤氏が<田端さん、ツイッターだともう追いきれないから、この藤田さんって方と公開討論してよ。見れたら見るから>と提案。その後も非正規労働者の時給をめぐって、田端氏と藤田氏の議論は続いた。

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。