エンタメ

『鉄腕DASH』でも“ヤラセ”を疑う声が噴出! 『イッテQ』の影響で日テレに“ヤラセ”イメージ

【この記事のキーワード】
【完成】『鉄腕DASH』でもヤラセを疑う声が噴出! 『イッテQ』の影響で日テレにヤラセイメージの画像1

『ザ!鉄腕!DASH!!』HPより

 今月8日、「週刊文春」(文藝春秋)が人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!(以下、イッテQ)』(日本テレビ系)のお祭り企画で、今年5月に放送された「橋祭り」が“ヤラセ”であったと報道した。番組では、「橋祭り」はラオスで年に1回開催される祭りと説明していたが、「週刊文春」がラオス現地で取材をしたところ、そのような祭りは存在しないことがわかったという。

 当初の報道を受けて『イッテQ』側は、「橋祭り」は第1回目の開催であったと釈明しながらも、番組が主催したわけではないとして“ヤラセ”を否定。しかし、「週刊文春」が続報として、昨年2月に放送された「カリフラワー祭り」もヤラセであったことを報道すると番組は、コーディネート会社が「祭り」の実質的な主催者となっていたケースや、賞金・協力費などが支払われていたこともあったと認め謝罪した。

 結果的に『イッテQ』は“ヤラセ”を認める形となり一時は打ち切りも懸念されたが、祭り企画を打ち切る対応で番組は継続していくようだ。

 しかし、『イッテQ』のヤラセ報道が、同じ日本テレビ内の番組『ザ!鉄腕!DASH!!(以下、鉄腕DASH)』に飛び火する事態が発生している。

「イモリはスタッフが持ち込んだのでは?」と『鉄腕DASH』でもヤラセを疑う声

 『イッテQ』と並ぶ日曜夜の看板番組である『鉄腕DASH』。今月18日放送の『鉄腕DASH』では、以前メンバーが新宿にある大学の屋上に設置した池の、現在の様子を放送した。10月に発生した大型台風の影響で池にも被害があったようだが、8月に発見されていた“アカハライモリ”の生存は確認できた。

 しかし一部の視聴者から、イモリの生存よりもイモリがどうやって屋上に来たのかが気になるとして「イモリが屋上まで来ることってあるの?」「これ絶対ヤラセでしょ」などと不審がる声が出ていた。イモリは壁面を登ることが得意で、飼育されている水槽を脱走することなどはあるが、屋上まで壁づたいに登ることはさすがに考えにくいという見方だ。『イッテQ』からの連想もあり、『鉄腕ダッシュ』でもヤラセを疑う声が一部で噴出している。

 『鉄腕DASH』では以前から “絶滅危惧種”などの希少生物を頻繁に発見している。たとえば、2015年には「スナヤツメ」、2016年には幻のカニと言われる「ノコギリガザミ」、そして2017年には古代サメ「ラブカ」を見つけている。この数々の希少生物との出会いも、今となっては「スタッフが何かしら仕込んだのでは」と勘繰る声までみられる状況だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。