エンタメ

木村佳乃(本妻)と水野美紀(愛人)がまさかの共闘!?『あなたには渡さない』のアツい展開が大好評!

【この記事のキーワード】
木村佳乃(本妻)と水野美紀(愛人)がまさかの共闘!?『あなたには渡さない』のアツい展開が大好評!の画像1

テレビ朝日『あなたには渡さない』オフィシャルサイトより

 11月17日に『あなたには渡さない』(テレビ朝日系)第2話が放送された。同ドラマは旬平(萩原聖人)の本妻・通子(木村佳乃)と愛人・多衣(水野美紀)が戦うラブサスペンス。かと思いや、通子と多衣が共闘関係になり視聴者を楽しませている。

 初回のラストで通子は多衣に、旬平との“婚姻届”を6,000万円で買ってほしいと要求。第2話ではその続きから描かれた。

多衣は買うことを了承する

 通子は「安いものでしょ? だってあなた前に『1億払ってでも旬平を手に入れたい』とおっしゃってましたものね」と多衣を挑発。多衣は冷静に「奥さん。やっぱり商売上手だわ」と受け流し、「旬平との結婚は、お金に関係なくいつか自分の手でつかみ取ります」と要求を拒否する。しかし通子が料亭『花ずみ』を新しくするために6,000万円を使うと説明すると、多衣はしばらく考え「わかりました」と、6,000万円を用意し貸す形で合意した。
 
 翌日、通子が多衣のもとを訪れると、多衣は「利子はいりません」と言い放つ。一方で通子は「そうはいきません! ちゃんと利子はお支払いします」と告げるが、多衣は「あなたやっぱり甘いわ」「あたし先方から利子はいらないと言われてるんです。だからあなたにもいらないと言ったのに」と告白。ところが通子はそれでも譲らず、「あなたがそれでいくら儲けようが、私の商売に関係ありません」と強気の姿勢を見せる。 

 そんな通子に多衣は何かを感じとったようで、「甘くて、怖いもの知らず。でもその素人考えが逆に強みになるかもしれないわね」「あなた、もしかしたら化けるかも」「あなたに賭けてみたくなったわ」と微笑する。“通子自身”と“亡くなった姑の帯”を担保に、利子ありで6,000万円を貸し出したのだった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。