政治・社会

「母親の学歴が子供の学力を左右する説」は、結局「格差社会」を生む

【この記事のキーワード】

Thinkstock/Photo by yacobchuk

 11月18日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)の冒頭で、すっかりタレントとなった東大卒塾講師・林修(以下、林先生)が「子供の学力は『母親の学歴』で決まる」「頭の良さは母親からしか遺伝しない」「父親が深夜帰宅、母親が専業主婦の方が、子どもの学力は高い」と語ったことが話題になっている。

 林先生はまず、文部科学省の調査報告から、父親の学歴よりも母親の学歴のほうが、子どもの学力と関係がより深いといえると指摘。たとえば平成29年度学力調査における中学3年生の数学での正答率は、父親/高卒44%、父親/大卒56.5%でその差は12.5%なのに対して、母親/高卒43.3%、母親/大卒60.0%と母親の学歴によって生じる差は16.7%まで開くのだという。

 また、林先生はアメリカの研究によって、父親の遺伝子は“気分や本能を司り攻撃性を制御する”大脳辺縁系に受け継がれやすく、一方で母親の遺伝子は“記憶、思考、音声、知覚など認識知能を司る”大脳皮質に受け継がれやすいため、「いわゆる知性に関わっている遺伝子は、母から子に受け継がれた時のみ機能する」とも。

 さらに文部科学省が発表した調査結果から「父親が深夜帰宅、母親が専業主婦の方が、子どもの学力は高い」傾向があると続けた。たとえば小学6年生の子どもの学力は、父親の帰宅時間が遅ければ遅いほど高くなり、逆に母親の帰宅時間が遅ければ遅いほど低くなるという相関関係が見られるのだ、と。

 ある塾によれば、名門中高一貫校に通う生徒のうち75%が専業主婦の母親を持つというデータも存在するとのことだ。これらの傾向について、林先生は「帰りが遅くなるようなお父さんというのは高学歴、高収入で忙しく働いている可能性が高く、教育費を捻り出せる。そのことが学力向上につながっているのでは、と分析されている」と結論づけた。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。