エンタメ

大塚愛がRIP SLYMEのSUと離婚した背景に嫌がらせ被害?「耐え難い毎日」「子どもとの生活を守るため」

【この記事のキーワード】
【完成】大塚愛がRIP SLYMEのSUと離婚した背景に嫌がらせ被害?「耐え難い毎日」「子どもとの生活を守るため」の画像1

大塚愛Instagramより

 21日夜、歌手の大塚愛(36)が、RIP SLYMEのSU(45)との離婚を発表した。ふたりは2010年に結婚し、2011年には長女が誕生していたが、昨年のSUの浮気が報道されて以降は別居状態にあったという。

 大塚愛は公式サイト内で、「私、大塚愛は、RIP SLYMEのSUさんと婚姻関係を先日解消致しました」と発表。「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と、離婚に至る心境を語った。

 元夫のSUは2017年、22歳年下のモデル・江夏詩織(23)との不倫が「フライデー」(講談社)によって報じられた。大塚愛がSUの浮気癖やだらしなさに愛想を尽かしたことは容易に想像できるが、離婚理由はそればかりでないようだ。

 翌22日、「スポーツ報知」が報じたところによると、大塚愛は、夫の不倫相手・江夏詩織から「嫌がらせ」を受けていたという。関係者によれば、大塚愛はSNSに「別れろ」などと何度もメッセージを送りつけられたこともあり、被害届を提出するほどエスカレートしていたという。

 今年7月に配信リリースし、dTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』の主題歌にもなっていた大塚愛の曲『あっかん べ』の歌詞には、「嫌がらせしてくるようなあの子はいらない 人生に要らない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」という一節があったことも話題に。SUは作詞した曲に「俺のしおり」とのフレーズを紛れ込ませていたが、大塚愛もまた、歌詞に実話を盛り込んだのだろうか。

 本当に被害届を出すほどだったとすれば、SNSでの「嫌がらせ」レベルではなかったはずだ。大塚愛が別居、そして離婚を選択したのは、自分ばかりか子どもにまで危険が及ぶことを危惧したからだろう。夫の不倫相手が、妻のみならず子どもに危害を加える可能性はゼロではない。配偶者に不倫されるという屈辱を受けたうえ、非常識な相手女性に粘着されるという理不尽。大塚愛の気苦労はいかほどだったか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。