ライフ

「ギガファイル便」高速Wi-Fi完備の無料開放ラウンジの実力を試してみた

【この記事のキーワード】
「ギガファイル便」高速Wi-Fi完備の無料開放ラウンジの実力を試してみたの画像1

ギガファイル転送ラウンジ『ギガスタ』 公式サイトより

 ビジネスや趣味のシーンにおいて、写真や動画などの大容量のデータを転送する際、オンライン上のファイル転送サービスを利用する機会がめっきり増えた。筆者は無料のファイル転送サービス「Gigafile(ギガファイル)便」を多用しているのだが、同サービスを運営する株式会社ギガファイルが9月25日、東京・秋葉原に無料ラウンジ『ギガスタ』をオープンしたという。

 なんでも、「ギガファイル便」がラウンジをオープンさせた背景には、ユーザーからの「自宅の不安定な回線だとアップロードに失敗することがある」、「Wi-Fi環境のないところでギガファイル便を使用したことで、スマホの通信制限がかかってしまった」という声があるという。無料で使わせてもらっておいてなんだが、筆者もひとりのユーザーとして、心当たりのある不満だ……。

 実際に近年、ギガファイル便のユーザーは急増しており、それゆえサーバーにも大きな負荷がかかっているのだという。結果として、アップロードに時間がかかったり、ときに失敗したりと、ユーザーがストレスを感じる場面も増えてしまっているようだ。

 『ギガスタ』は、そんなユーザーのストレスを解消すべく作られたラウンジで、強力なWi-Fiを完備しているうえ、プロバイダを通さずギガファイル便に直結できる回線を用意しているため、1GBのファイルを30秒でアップロードできるそうだ。

 近年はカフェなどで仕事をするノマドワーカーも多く、また、不特定多数の人間が利用できるコワーキングスペースも増加している。オフィス以外の場所で仕事をすることが一般的になってきた今、『ギガスタ』への期待も高まるが……。果たしてギガスタは利用に値するだけのラウンジとなっているのだろうか。筆者が実際に訪れ、利用してみたので、その様子をレポートしよう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。