花組トップ娘役・仙名彩世さま、星組三番手スター・七海ひろきさまのご退団に、“芸の高み”への飽くなき探究心を学ぶ

【この記事のキーワード】

退団後も、表現者として高みを目指す

 話は変わりますが、wojoが応援してきた元月組の貴澄隼人さまが宝塚をご退団され、いわゆるOG公演と呼ばれる、宝塚卒業生が多く出られる舞台に出演されるようになりました。そのためwojoも、これまで足を踏み入れたことがなかったOG公演を見る機会が増えてまいりましたが……その目くるめく世界といったら! wojoが宝塚ファンになりたての頃のトップ娘役さんとか、最近お辞めになったばかりのスターさまが変わらぬお姿で舞台に立っておられ、それだけでも感動ものなのですが、現役時代よりもっともっとパワーアップして魅力を増しておられるのです。「この方々は、一体どこまで進化を続けられるのだろう……!」と、暇さえあれば怠けがちな自分自身にカツを入れられる気分にもなります。

 現役時代に得意とされていたダンスをさらに究められたりとか、現役時代はあまりお上手ではなかったお歌がものすごくお上手になっておられたりとか……。タカラジェンヌは、宝塚を退団した時点で終わるわけではない、そこからも表現者として魅力を振りまいていかれるのだ、としみじみ思います。

 そうなると宝塚って、よくいわれますがやはり学校のような場所であり、通過点ではあるが終着点ではない。しかしだからといって披露する芸にはより完成形を求められるし、なんだかとても大変な場所ですね。何を今さらって感じでもありますが……。

 しかし、そうした終わりのない芸の世界にご自身を高め続けているお姿に感動を覚えているのもまた事実。それだからこそ、宝塚に果てなき魅力を感じ、観続けてしまうんだと思います。

 仙名さまや七海さまも、我々ファンに、憧れやうっとり感だけではない、芸の高み、完成形を目指したまっすぐなお姿を見せてくださっておりました。そして多彩な魅力を持たれるおふたりだからこそ、どのようなOGになられるのか、今からそれも楽しみとなってきます。

 同じように年を取っていく自分自身も、「OGのスターさまたちに恥ずかしくないよう頑張らねば……」と思いながら、乾燥やパサつきと戦う日々です。そういえば、OGの皆さまはお年を召されても、舞台やインスタグラムで拝見するとなぜかツヤツヤ! 同じ人間じゃないんじゃないかとヤケになりそうですが、おそらく同じ人間でおられますので、現実から目をそらさずに頑張ろう、と、インフルエンザ予防接種の問診を日々続けるwojoなのでした。

1 2

「花組トップ娘役・仙名彩世さま、星組三番手スター・七海ひろきさまのご退団に、“芸の高み”への飽くなき探究心を学ぶ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。