Hey! Say! JUMP山田涼介や嵐・二宮和也の自宅を「監視」する異常なファンの存在

【この記事のキーワード】

ストーキングする迷惑ファンによって苦しめられるジャニーズタレントたち

 今月初めには、関ジャニ∞の大倉忠義が自身にストーカー行為を繰り返すファンにブログで苦言を呈し、その苦痛から“体調不良”や“普通の人に戻りたい”とまで綴っていた。

関ジャニ∞大倉忠義がファンを糾弾「ストーカー」「突然手を繋がれたり…」 退所もほのめかす絶望的な文章公開の波紋

 ジャニーズタレントが会員サイトのブログで、迷惑ファンに苦言を呈する件が続出している。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(31)、Hey! Say…

Hey! Say! JUMP山田涼介や嵐・二宮和也の自宅を「監視」する異常なファンの存在の画像1
Hey! Say! JUMP山田涼介や嵐・二宮和也の自宅を「監視」する異常なファンの存在の画像2 ウェジー 2018.11.09

 また、二宮和也は16日のコンサートで嵐20周年の思いとして、「いい大人が人生ぶん投げて、肩組んで20年やってきて、そんな甘っちょろいものじゃない」と20年間の苦労をぶつける発言をしている。

 一部のファンは二宮のこの発言さえも、「伊藤綾子と早く結婚したいってこと?」など、結婚できないことが二宮にとって苦痛と解釈しているようだが、ここにはファンによる迷惑行為に長年耐えてきたという思いも含まれているのではなかろうか。

 King & Princeの平野紫耀も以前テレビ番組で、「引越しを頻繁にする」と告白。理由は「飽き性だから」と濁していたが、ファンに自宅が特定されないためということも考えられる。

 プライベートまでファンに監視されストーキングされ続ければ、タレントの神経は擦り減っていく一方だろう。タレントを執念に追い回すヤラカシはもちろんのこと、実際に自宅へ行かないにしても、興味本位でヤラカシから住所や電話番号を聞き出し拡散するファンは、自分の行為がタレントにとってどれだけの負担になっているのかを、今一度考え直して欲しい。

1 2

「Hey! Say! JUMP山田涼介や嵐・二宮和也の自宅を「監視」する異常なファンの存在」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。