エンタメ

kōki,の映画賞受賞でまた盛大なバッシング!! 国内での評判は“瑣末なこと”?

【この記事のキーワード】
【完成】kōki,の映画賞受賞でまた盛大なバッシング!! 国内での評判は瑣末なこと?の画像1

kōki,公式Instagramより

 モデルのkōki,(15)が26日、女性ファッション誌「ELLE」(ハースト婦人画報社)が主催する「エル シネマアワード2018」の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。

 授賞式には、自身がアンバサダーをつとめるシャネルの黒いドレスにピンクのグローブ、さらにブルガリのジュエリーを身にまとって登場。kōki,はトロフィーを受け取ると、「とても光栄に思います」とはにかみ、「5月の『ELLE』からスタートして、いろいろな経験をさせていただきました」とこれまでを振り返った。

 さらに、司会から「これからはどのようなモデルになって行きたいですか?」と尋ねられると、kōki,は「もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と豊富を語った。壇上ではにかむ表情は父・木村拓哉の面影を残し、堂々と発言する度胸は母・工藤静香を思わせていた。

 しかしネット上では、「シネマアワード」と冠したものを、まだ映画出演経験のないkōki,が受賞したことを疑問を抱く声も多いようだ。

 同アワードの受賞者をさらってみれば、「シネマ大賞」に選ばれた是枝裕和監督の映画『万引き家族』は、今年カンヌでパルムドールを受賞した名作であり、さらに「ベストアクトレス賞」の寺島しのぶ(45)、「エル メン賞」の東出昌大(30)も、紛れもない映画人だ。

 しかし、kōki,が受賞した「エル・ガール ライジングスター賞」は、実は映画とは無関係。「エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性」に贈られる賞だという。映画界での活躍を評するものではないのだが、誤解が広まっているようだ。

 そもそも、kōki,は今年5月に「ELLE」のカバーガールとしてデビューを飾ったという経緯がある。「ELLE」とkōkiはタッグを組んでデビューを仕掛けた間柄といえるだろう。主催側からすれば、私的な賞でkōki,を推して注目を浴びない手はない、ということだ。今回の「エル・ガール ライジングスター賞」は今年に新設された賞でもあり、kōki,のためにつくられたようなものだろう。

 もはや業界のトレンドとして、kōki,の勢いに乗っかることが良しとされている。しかしそのせいで、kōki本人への風当たりが強まり、「親の14光」「ほかのモデルに失礼」「富士山の七合目までヘリで登ってきたみたい」などと、世間のバッシングが浴びせかけられていることも事実だ。

 今回の「エル シネマアワード2018」の一件でも、その風潮がさらに強まってしまったことを感じられる。グッドなニュースのはずが、バッドニュースにもなり得る状況は、とても残念だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。