政治・社会

資金募る「声かけ写真展」、なぜ開催してはならないか

【この記事のキーワード】

「声かけ写真展」ホームページより

 街で少女に声をかけ撮影した写真を展示する「声かけ写真展」を開催するため、「器具田研究所」がクラウドファンディングで資金を募っている。

 この写真展の開催は今回が初めてではない。2016年5月に第1回を世田谷区で開催したが、水着やブルマ、下着が見えている写真があったことから、“少女の性的搾取ではないか”と非難が殺到。開催場所であった「IID 世田谷ものづくり学校」が「多くの皆様に不快を与える内容の展示を許可したことに関して、深くお詫び申し上げます」と謝罪する事態となった。

 同写真展の運営サイドは、同じ年の10月に大阪で「声かけ写真展」を開催するため、クラウドファンディングで再び資金を募った。しかしこれにも批判が殺到したためクラウドファンディング側からNGがでた。また、2017年には横浜で開かれた合同写真展示会に「声かけ写真展」が参加するも、こちらも事務局の判断により途中撤退という結果になっている。

 企画意図が少女の性的搾取につながり、公共の場で展示すべきでないとして、その都度批判が集まってきた「声かけ写真展」。だが、運営の器具田研究所は一貫して「アートと性は無関係」と反論している。

「声かけ写真展」の運営・主催共に性的搾取を否定

 「声かけ写真展」のホームページでは、「少し昔のノスタルジーを感じてみたり、普遍的な子供の世界を楽しんでみたり、現在撮影を楽しんでいる人には制作のあり方に驚きと新しいヒントがあることでしょう」と展示の主旨を説明している。

 器具田研究所の器具田こする教授という人物は自身のツイッターで「アートと性は無関係!!!!! これはみなさん、覚えて帰ってくださいね!!!!!」と「声かけ写真展」を性的搾取とみる人々のコメントに反論している。

 また、2016年の開催で批判が殺到した際、BuzzFeed Newsが「声かけ写真展」の運営ではなく主催とされる株式会社「土」の福田信哉代表へ取材を行った記事も話題になった。わいせつ性はないのかという質問に対し福田氏は、「わいせつかどうかは司法が決める。水着は着衣と理解している」と回答。運営・主催共に、水着やブルマ姿の少女の写真はあれど、性的搾取ではないと主張している。

 器具田研究所と株式会社土は、アダルトグッズの販売やアダルトサイトの運営も行っているが、それらの事業と「少女を撮影した写真の展示」とは全く別であり、後者にわいせつ性はないというのが主催・運営側の解釈ということになる。しかし児童を性の対象にするアダルトコンテンツが氾濫している現状を鑑みると、その主張に無理が生じてしまうことは仕方がないのではないだろうか。

1 2

wezzy編集部

wezzy編集部

twitter:@wezzy_com

サイト:https://wezz-y.com/

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。