エンタメ

レコ大、“土屋太鳳の司会”で乃木坂46の2連覇確定!? 疑惑続く興醒め賞レース

【この記事のキーワード】

 

レコ大、土屋太鳳の司会で乃木坂46の2連覇確定!? 疑惑続く興醒め賞レースの画像1

乃木坂46『シンクロニシティ』

 年末恒例の「第60回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)の司会者発表会見が26日に行われ、女優の土屋太鳳(23)が初司会をつとめることが発表された。

 土屋太鳳は、「自分の人生でこんなことが起きるんだと、想像もしていなかったベストワンの状態です」と心境を述べ、本番への意気込みを見せた。同局の安住紳一郎アナウンサー(45)とのタッグで、「平成最後のレコ大」を盛り上げる。

 例年のことながら、世間では大賞の予想も始まっている。11月16日、今年の大賞ノミネート10作品が発表された当初、最有力と見なされていたのは、やはりDA PUMPの『U.S.A.』だった。しかし、“レコ大の司会が土屋太鳳に決定した”ことによって、どうやら勢力図も変わってきそうなのだ。

DA PUMP『U.S.A.』の大賞に暗雲……

 今年、突如として音楽シーンに再登場したDA PUMPは、6月に発売した『U.S.A.』の独特すぎる振り付けが「ダサカッコいい」とブームを巻き起こした。ISSA以外のメンバーも女子中高生を中心に「かっこいい」と人気が上昇しており、LDH系ダンスグループとファン層を共有しつつある。久しぶりに広く世間に愛されるヒット曲が生まれたことで、レコ大受賞も確定路線と見なされていた。

レコ大、土屋太鳳の司会で乃木坂46の2連覇確定!? 疑惑続く興醒め賞レースの画像2

今年再ブレイクを果たした、DA PUMP 『U.S.A.』だが……。

 しかし、そこに待ったがかかる。じつはDA PUMPの『U.S.A.』は、1992年にイタリア人アーティストが発表した同名曲をカバーした作品。レコード大賞は「日本国内のすぐれた楽曲を表彰するもの」とされているため、大賞候補に選出されたことに異論が噴出しているのだ。

 実際に、1979年に大ヒットした西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』は、同上の理由で審査から外されて涙をのんだという過去があるため、今年『U.S.A.』が受賞するとなると筋が通らない。再ブレイクを果たしたDA PUMPの14年ぶりの受賞も、雲行きが怪しくなってきた。

 また、韓国発多国籍ガールズグループTWICEの『Wake Me Up』も選出されているものの、韓国ヒップホップグループのBTS(防弾少年団)の騒動によって日韓関係はエンタメ領域に炎が燃え広がっている。このタイミングでのTWICEの大賞受賞はやはり考えにくい。

 ほかにも、西野カナの『Bedtime Story』や、三浦大知の『Be Myself』、AKB48の『Teacher Teacher』、欅坂46の『アンビバレント』なども選出されているが、どれも小粒だ。ちなみに、米津玄師は『Lemon』の大ヒットで「特別賞」を受賞しており、レコ大の生中継でパフォーマンスを行うのか、注目が集まっている。

 では、いったい誰が今年の大賞に輝くのか?―――まさに混迷を極める予想ダービーだったが、まだ本番まで1カ月を残すなか、すでに「乃木坂46の2連覇で決まった」という見方が強いようだ。そこには、司会の土屋太鳳と乃木坂46の密接な関係がある。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。