政治・社会

吉澤ひとみ被告の「おつまみ物色」は悲劇? 私生活を追い回せば断酒治療には悪影響

【この記事のキーワード】

吉澤ひとみオフィシャルブログより

 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告。その初公判が、今月29日に東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑している。

 吉澤被告は今年の9月6日、仕事へ向かうため酒に酔った状態で自動車を運転。赤信号を無視して交差点に進入し、男女2人をひき逃げしたとして逮捕された。なお、被害者2人は軽症であった。

吉澤ひとみ被告「本当に申し訳ない」

 検察側の供述では吉澤被告は事件当日、午前0時まで自宅で缶酎ハイ3本と焼酎2杯を飲んで1時半ごろに就寝したという。その後6時51分ごろに車を発進させ、6時57分ごろに事故を起こした。

 また事件後、吉澤被告は夫とLINEのやり取りをしたそうで、吉澤被告が「人をひいた」と伝えると夫は「救急車を呼ぶように」と返信したという。

 被告人質問で吉澤被告は、当初、飲んだ酒の量を缶酎ハイ3本だけと説明したことに対して、「その場で頭に浮かんだのが缶酎ハイ3本だったから」と説明した。事故直後にその場から立ち去った理由は「パニック状態になっていたから」と釈明し、「被害者の方、多くの関係者の方に迷惑をかけ本当に申し訳ないと思っています」と鼻をすすりながら謝罪の弁を述べた。

 なお、吉澤被告は事故の同月の28日に芸能界引退を発表しているが、注目の裁判だっただけに多くの報道陣が傍聴券を求め、傍聴席の倍率は75倍ほどになっていたようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。