社会

マイノリティになりきらせない演出――公演『フラウ・シュミッツ』を終えた劇団「shelf」矢野靖人さんらに聞く

【この記事のキーワード】

マイノリティについて当事者以外が表現することには、つねに欺瞞が付きまとう。当事者でない人間に代弁する資格があるのかという問いがあるからだ。しかし、あえてその表現に取り組み、その問いそのものを突きつけるような戯曲がある。スイス人劇作家のルーカス・ベアフースによる『フラウ・シュミッツ』だ。

『フラウ・シュミッツ』はひとりのトランスジェンダーをめぐる物語である。口数の少ない「シュミッツ」という主人公について、周囲の人間はあれこれ想像を膨らませる滑稽さをコミカルに描いている。

今年7月、演出家の矢野靖人さん率いる「shelf」によるドラマ・リーディング公演がおこなわれたが、最小限の小道具で「演じる」よりも戯曲を「読む」ことに重きを置いた結果、戯曲のおもしろさが最大限に引き立つ公演となった。

演出家の矢野さんは『フラウ・シュミッツ』をどう読んだのか――その読み、そしてそれを演出にどう反映させたかを、俳優の沖渡崇史(シュミッツ役)さんと、川渕優子(シュミッツのパートナー・レーニ役)さんを交えてお話しいただいた。

あいまいな身体を引き受けるトルソー

――まずは矢野さんがどう読んだかも含め、あらすじを紹介していただけますか?

矢野:あらすじとしては、とあるグローバル企業を舞台とした話です。その企業に勤めている「フラウ・シュミッツ」(ドイツ語におけるフラウ(Frau)というのは女性全般に付ける敬称。シュミッツは名字)は、わかりやすく言うとトランスジェンダーですね。

ある日パキスタンでのトラブルの対応に誰かが行かなければならなくなるのですが、適任者がいない。パキスタンは治安の関係上、女性を派遣するのはまずい。そこで「元々男性の」シュミッツに男装してもらえばいいんじゃないか、という話になります。それがきっかけになっていろいろとトラブルが生じていく。最終的にはいろいろな問いかけをお客さんに残すかたちで戯曲は終わります。

あらすじとは関係ないところで非常におもしろいなと思ったのは、前半ではシュミッツがほとんど喋らないというところです。シュミッツはタイトルにもなっている主役なのに、どんな人なのかという人となりが、本人の口を通して語られることがまずない。話しかけられれば、ちょっと相づちを打つくらいです。後半になると少しずつ変わってきますけれどね。

そのことによって、簡単にカテゴライズできない性のあいまいさや揺らぎみたいなものも、こちら側の想像力によって補完せざるをえない。そこがおもしろいなと思いました。

――前半、あまりしゃべらないシュミッツの身体をトルソーが担っていたのが印象的でした。トルソーを使うのは早い段階から決まっていたのでしょうか?

矢野:はい。観客に想像力を巡らせてもらおうと思い、前半はシュミッツ役をトルソーにすることにしました。ただそうなると、前半ちょっとずつしゃべる声を誰が当てるかということは考えなければなりません。そこで、元々ト書きを読む(ナレーター役)予定だった沖渡さんにやってもらおうと思いついたんです。ト書きを読む男性、つまり物語のなかで支配力を持っている人が一方で空白の中心であるシュミッツを演じるという仕掛けがあればおもしろいのではないかと。後半、比較的おしゃべりなシュミッツ役は完全に沖渡さんにバトンタッチして、服装も男性的な服から女性的な服に着替えます。この仕掛けがあれば劇全体が成立するんじゃないかなと思ったんです。

実際にやってみると、「シュミッツはこう(男性/女性で)あってほしい」という欲望をひとりの人間が体で引き受けるより、トルソーという空の身体で引き受けるほうが、お客さんから見たシュミッツってどんな人だろうと想像できておもしろいだろうと思いました。

このような「見立て」は日本的な感覚なのかもしれませんが、非常に演劇的な表現です。本物じゃないものをそこに使っていくなかで、逆にそこに余白が生まれて、お客さんが想像して介入する余地が多いんじゃないかなと思います。ただの白いキャンパスでなくて、「余白」をどう配置するかが問題なんです。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。