政治・社会

小室圭さんと眞子さま、「借金返済しない」貫くなら破談やむなし

【この記事のキーワード】
【画像は済み、関連等をお願いします】小室圭さんと眞子さま、「借金返済しない」で破談かの画像1

『 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 』(毎日新聞出版)

 秋篠宮殿下が11月30日に53歳の誕生日を迎えられた。これにあたって、11月22日、秋篠宮同妃両殿下による記者会見が行われたが、そこでのお言葉が大きな話題を呼んでいる。

 記者会見では、長女・眞子さまと小室圭さんの結婚に関して、質問が及んだ。秋篠宮さまは、小室さんに関する様々な報道について「私も全てをフォローしているわけではありませんが、承知はしております」と、耳にしてらっしゃる様子だ。小室さんからの連絡は「2、3カ月に一度くらい」「時々もらうことがあります」と語られた。

 そして、眞子さまと小室さんの今後について、次のように言及された。

 「これは娘と小室さんのことではありますけれども、私は、今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。まだ婚約前ですので、人の家のことについて私が何か言うのははばかられますけれども、やはりその今お話ししたような、それ相応の対応というのは大事ですし」

 「二人にも私は伝えましたが、やはり今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれません」

 「そしてそれとともに、やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀(のうさいのぎ)というのを行うことはできません。私が今お話しできるのはそれぐらいのことになります」

 今の状況では眞子さまと小室さんの結婚に多くの人が納得し喜んでくれるとは言い難く、この現状が変わらなければ納采の儀は行えない、と秋篠宮さまは考えられているようだ。これまで多くの週刊誌記事が、秋篠宮さまの胸中を推測してきたが、秋篠宮さまが明確にご自身の言葉で語られたのは初めて。

 秋篠宮さまのお答えの中にある『それ相応の対応』とは、小室さん母子に、借金トラブルへの対応を求めているということに他ならない。「相手側の対応」、「やはりきちんと、どういうことなんだということを説明をして、そして多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る。それが『相応の対応』の意味です」と、秋篠宮さまは丁寧に説明されている。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。