檀れい離婚、「金麦CM」で賛否両論の“理想の奥さん像”はどうなる?

【この記事のキーワード】

 なかには、「金麦の檀れいは旦那の死を受け入れらずに気がふれた未亡人」とかいうトンデモ説まで……さすがにそんなホラー設定ないだろ! と思いつつも、その想像力の豊かさに感心するばかりです。いや、視聴者にあらゆる感情を想起させる檀れいがスゴすぎるのか……?

 しかし、社会に働きに出る年齢になってみれば、世の女性たちの怒りには共感できるものが多いなあと。たとえば、「妻だって働きに出てる。家でニコニコ、金麦といっしょに待ってられるわけねーだろ」「いっつも旦那をもてなして、癒すような妻にはなれない」……ごもっともです。檀れいの異次元の良妻っぷりと比べられたら、現実の女性は誰だって怒るでしょう。

 じつは檀れい本人も、2015年の「夕刊フジ」のインタビューで、「金麦CM」シリーズについて訊かれ、「普段の私とCMの私は、見ている方の中でイコールになりませんよね。あの世界観の中、一つの役と思っています。実際の私? あんなにテンション高くないです」と、キッパリ。ちなみに、お酒は「飲みたい日に、たしなむように。量はそれほどいけません。アルコールの分解酵素が少ないと思うんです」とのこと。

 「金麦CM」の奥さんなんて、どこにもいない。「理想の奥さん像」を押し込めた、ファンタジーなんです。そこにリアリティはないのですが、檀れいが提示する「理想の奥さん像」はあまりに強烈で、自分との乖離に苦しんでしまう女性も出てしまったのでしょう。
 
 筆者の母も夜遅くまで働いていたので、仕事から帰宅後、ささやかな楽しみである金麦をちびちびと飲んでいるときに、檀れいがハイテンションで登場してきたら……イラつくというか、愚痴のひとつもこぼしたくなる気持ち、今では少し分かります。「金麦CM」シリーズがスタートしてから、約10年。離婚で心機一転、檀れいが「金麦CM」でまったく新しい奥さん像を見せてくれないかな? リニューアルするなら今、ですね。

(今いくわ)

1 2

「檀れい離婚、「金麦CM」で賛否両論の“理想の奥さん像”はどうなる?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。