政治・社会

ジェンダーレス明確に示す『プリキュア』『セーラームーン』、反発の動きも目立つ

【この記事のキーワード】
ジェンダーレス明確に示す『プリキュア』『セーラームーン』、反発の動きも目立つの画像1

美少女戦士セーラームーンCrystal×モンストTVCM
「いいじゃん!全員戦士!」篇(XFLAG公式チャンネルより)

 12月2日放送の『HUGっと!プリキュア』(以下、はぐプリ/テレビ朝日系)42話で、主人公・野乃はな(=キュアエール)たちと同級生の男子・若宮アンリが、プリキュア戦士・キュアアンフィニに変身した。プリキュアシリーズ史上初となる男の子のプリキュア誕生は、ネット上で大きな話題となっている。

 「女の子だって暴れたい」というコンセプトから2004年に始まったプリキュアシリーズ。15周年の節目となる今年の『はぐプリ』は、これまでのシリーズ以上に明確に、ジェンダーバイアスからの解放、多様性を打ち出している。自分の心も他者の心も尊重しようというメッセージを、幼い視聴者にもわかりやすく発信している作品だ。

 特に話題になったのは6月10日放送の第19話で、やはり若宮アンリが登場しジェンダーレスな価値観を披露した回。アンリは中学生ながら美形の男子フィギュアスケーターであり、“大和撫子とパリジャンのダブル”で帰国子女。学校制服のネクタイをリボン結びにし、髪も耳にかけられるくらい長い。

 そんなアンリを<女子みたいだよ、君の格好><男子の中で浮いている>と批判し、<ヒーローって男のための言葉だよ。女の子は守られる側だ。言葉は正しく使わなきゃ><女の子はヒーローにはなれない>とプリキュアの存在を否定する少年に対して、野乃はなは<誰の心にだってヒーローはいるんだよ! 人の心をしばるな!>激昂。アンリも<ボクは自分のしたい格好をする><ボクは君のためにボクをかえることはできない。誰に何を言われたってかまわない。ボクの人生はボクのものだ。ボクはボクの心を大切にする>と、信念を貫くのだった。

 女の子はヒーローになれるし、男の子はお姫様になれる。『はぐプリ』には既存のジェンダーバイアスを取り除く作業を続けてきた下地があるだけに、男の子プリキュアが誕生したことは必然だったのだろう。そして、自分のしたい格好をして、自分の心を大切にし、自分の人生を生きる若宮アンリと重なる一人の青年が日本にいる。タレントのりゅうちぇるだ。

1 2 3 4

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。