ジェンダーレス明確に示す『プリキュア』『セーラームーン』、反発の動きも目立つ

【この記事のキーワード】

 というのも、11月に『美少女戦士セーラームーンCrystal』と『モンスターストライク』のコラボが実現し、りゅうちぇる、メイプル超合金の安藤なつとカズレーザー、モデルの多屋来夢が出演するCMがテレビで流れ、話題となった。アニメ『美少女戦士セーラームーン』は1992~1997年にテレビ朝日系で放送され、今なお根強いファンを持つコンテンツだ。このCMのテーマが、「ジェンダーフリー」。

 りゅうちぇるら4名がセーラー戦士に扮して登場し、「セーラームーンは女のもの。モンストは男のもの。そんなのもう古いでしょ?」「変身願望に、男も女もないよ」「自分が好きなら、それでいい」「壁なんて壊して、みんなで熱くなろうよ」「同じ地球(くに)に生まれたんだから」「いいじゃん!全員戦士!モンストセーラームーン。自由でいいんだよ」とメッセージを発信する。「楽しいことも、ジェンダーフリーに。」という字幕。たしかにモンスト好きの女性も、セーラームーン好きの男性も、珍しい存在ではないだろう。

ジェンダーレス明確に示す『プリキュア』『セーラームーン』、反発の動きも目立つの画像2

セーラーマーキュリーに扮するりゅうちぇる。

 りゅうちぇるは、今回のCMについて「ハフポスト日本版」で単独インタビューに応じていた。りゅうちぇるは、「男らしさ」「女らしさ」よりも「自分らしさ」を大切に考え、また自分の意見をしっかり持ち発信することで知られており、今回のCM起用は適役だ。

 現在23歳のりゅうちぇるは、いわゆる「セーラームーン世代」ではないが、小学生時代に見たことがあるという実写版ドラマやアニメの印象について<一人ひとりの個性が立っていて、すごくかわいい部分もあるし、キレイな部分もある。それでいて、かっこよく戦う。 その凛とした姿って、女性にすごく勇気を与えたし、男性も憧れたと思います。そういうところがすごく好きでした>と語っている。

 CMでりゅうちぇるはセーラーマーキュリーの衣装を着用しているが、<衣装はミニスカートを着てロングブーツを履いて、いわゆる『女の子』に人気のタイプのファッションだったんですけど…服やファッションって自由だし、誰がどんな服を着てもいいし、楽しむもの。服は自分を表現するものだから、全然違和感なんてなかったし、すごく楽しく撮影しました〉と振り返り、ジェンダーフリーがテーマのCMが全国放送で流れることに〈世の中が変わっていく流れの大きな一歩>と見ている。

1 2 3 4

「ジェンダーレス明確に示す『プリキュア』『セーラームーン』、反発の動きも目立つ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。