長澤まさみ、舞台女優としての快進撃! 劇団☆新感線「メタルマクベス」でリアルな悪女像

【この記事のキーワード】

 一方、1981年の日本。シェイクスピアの『マクベス』の登場人物たちの名前をメンバーがそれぞれ名乗るヘビメタバンド「メタルマクベス」は、「魔女」と呼ばれる女性ファンの人気を集めていましたが、所属事務所社長の方針は明るい未来を見い出せるものではありませんでした。ライブを見にきていた、新人バンドの発掘やマネジメントを手掛ける女性ローズに、バンドの発展のためには事務所を辞めメンバーも入れ替える必要があると指摘され、リーダーの「マクベス」はその指示に従うことにします。

 2218年世界のランダムスターは、愛する妻とともにのしあがるため、王の殺害を計画。その罪を王子になすりつけ自分が王になりますが、夫妻ともに罪の意識にさいなまれ、ランダムスターはメタルマクベスの音楽にのめり込み、ランダムスター夫人も心を病んでいきます。

役者の個性が問われる舞台

 原作のマクベスは悲劇ですが、『メタルマクベス』は宮藤脚本らしい小ネタが満載。「きれいは汚い、汚いはきれい」など、原作の有名なセリフを歌詞に取り込んだ、キャッチーなロックナンバーの生演奏の歌あり踊りありで、喜劇要素もふんだんです。しかし、身の丈以上の野望を抱いたがために破滅する男女の姿をあざやかに描写しているのは、まっとうな“シェイクスピア作品”ぶり。

英文学のフェミニスト批評って、何をやってるの?~『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』刊行に寄せて

ただ座って本を読んでるわけじゃない 今回の連載では、「フェミニスト批評って何をやってるの?」ということについて書いてみたいと思います。宣伝で恐縮…

長澤まさみ、舞台女優としての快進撃! 劇団☆新感線「メタルマクベス」でリアルな悪女像の画像1
長澤まさみ、舞台女優としての快進撃! 劇団☆新感線「メタルマクベス」でリアルな悪女像の画像2 ウェジー 2018.06.10

 新感線は現在、客席が舞台やスクリーンに囲まれて左右に回転し場面転換する劇場「IHIステージアラウンド東京」で、『メタルマクベスdisc1』『-disc2』『-disc3』とキャストを一新しバージョン違いで上演するロングランを上演中。

 原作のマクベス夫人にあたるランダムスター夫人と、ローズ役の二役で長澤が出演している今公演は、満を持しての最後の公演『disc3』で、ランダムスターとマクベス役はミュージカルで活躍する浦井健治が演じています。それぞれのバージョンはキャストが変わるだけで、演出には大きな違いはありません。だからこそ、物語の印象は役者次第で変化します。

1 2 3 4

「長澤まさみ、舞台女優としての快進撃! 劇団☆新感線「メタルマクベス」でリアルな悪女像」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。