健康

結局、「朝食を抜くと太る」は本当なのか? 朝食を売りたい食品メーカーのバイアス

【この記事のキーワード】

Thinkstock/Photo by rez-art

 欧米人は「朝食は王様のように、昼食は王子のように、夕食は貧民のように食べよ」と言い、中国人は「朝食は栄養豊富に食べ、昼食は腹いっぱいに食べ、夕食は少し食べる」にこだわる。 朝食の美味しさや大切さを伝える食文化は往古来今、不変にみえる。

 名古屋大学大学院生命農学研究科准教授の小田裕昭氏らの研究グループは「朝食を抜くと肝臓の脂質代謝や体温に関わる体内時計に乱れが生じ、エネルギーの消費が減って体重増加につながる」とする研究成果を「PLOSONE」10月31日オンライン版に発表した。

 厚生労働省の調査によれば、2015年には20歳代の4人に1人が「朝食抜き」だ。朝食を抜くと肥満やメタボリック症候群、2型糖尿病などになりやすいが、その機序は明確にされていない。

朝食を抜いたラットは体脂肪量や体重が増加

 小田氏らの研究グループは、体内時計の調節には光よりも食事のタイミングが重要な役割を果たすという<時間栄養学>に注目。ラットを活動期に高脂肪食を与える群(対照群)と目を覚ましてから4時間後に高脂肪食を与え、ヒトが朝食を抜いた場合に相当する状態にした群(朝食を抜く群)に分けて2週間観察した。

 小田氏によればこの条件は、前者はヒトが朝8時に朝食を食べた場合、後者は12時に最初の食事を食べた場合に相当するという。

 研究の結果、摂取する食事の量に両群間で差はなかったものの、朝食を抜いた状態の群は、対照群によりも体脂肪量や体重が増加した。

 さらに解析したところ、朝食を抜いた状態のラットは肝臓の時計遺伝子や脂質の代謝に関与する遺伝子の発現リズムに乱れが生じていた。朝食を抜いたマウスの体温は食べ始めるまで上昇せず、食べている間にも体温が低下した。

 以上の結果から、小田氏は「朝食を抜くと肝臓時計や体温時計に異常が生じ、エネルギー消費量が減少して体重増加につながると考えられる」と結論づけている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。