エンタメ

浜崎あゆみは『FNS歌謡祭』で不自然な理想やセルフモノマネから脱却できるか?

【この記事のキーワード】
浜崎あゆみは『FNS歌謡祭』で不自然な理想やセルフモノマネから脱却できるか?の画像1

浜崎あゆみ公式Instagramより

 12月5日と12日、二週連続で放送する大型生音楽番組『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。5日の放送には浜崎あゆみが出演する。アーティスト同士のスペシャルコラボがテーマとなる同番組で、浜崎あゆみは宇多田ヒカルの名曲『Movin’ on without you』のカバーを披露する予定だ。

 この演目が発表されるや、「FNS歌謡祭なのに、あゆは自分の曲を歌わせてもらえないの?」とネットはザワついた。日刊ゲンダイDIGITALは「ファン落胆」と報じ、“「デビュー20周年なのだから自分の曲を歌って欲しかった」「ヒットメドレーがよかった」と惜しむ声”を伝えている。たしかに12日に登場予定の西野カナやaikoは自身のヒットメドレーを歌唱予定だ。

 しかし『FNS歌謡祭』はアーティスト同士のコラボやカバーも目玉のひとつ。そして浜崎あゆみが宇多田ヒカルの『Movin’ on without you』をお気に入りの一曲に数えていることは、ファンの間では有名だ。

 2014年、宇多田ヒカルのトリビュートアルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』で初カバーした浜崎は、翌年に発売した自身のアルバム『A ONE』にも収録。宇多田のオリジナルよりもやや高めのキーでアレンジした同曲は、ライブでもたびたび披露されている。『Movin’ on without you』は、もはや浜崎あゆみの“新たな代表作”との呼び声も高い。

 番組には宇多田ヒカルの出演は予定されていないものの、同時代に一世を風靡した歌姫のコラボが地上派で初披露するとあって、SNSには「今夜はノスタルジックに浸る夜になりそう」「青春が爆発します」などと、待ちきれないファンの声も多い。

 ただ、一部では、浜崎あゆみのパフォーマンスを不安視する声もあがっている。夏の“仕上がり”があまりに悲惨なものだったためだ。

1 2 3

wezzy編集部

wezzy編集部

twitter:@wezzy_com

サイト:https://wezz-y.com/

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。