女性管理職が増えないのは、経営者が“女らしさ”を求めているから?

【この記事のキーワード】

 「女性管理職を増やそう」という機運が高まっているのは、「女性性を利用した働きが欲しい」からではないはずだ。むしろ、「性別で差別されることなく平等な機会を与える」ことに重点が置かれるべきにも関わらず、経営者は女性管理職に、“女性ならでは”の“女性視点”や、優しいコミュニケーションが取れる“女性らしさ”を期待しているようだ。

 これでは、「性別で差別されることなく平等な機会を与える」という本来の目的とは、ズレが生じる。「優秀であっても、女性性がない女性は物足りない」という、潜在的な性差別が存在しているとも解釈できる。女性が管理職になりたがらない、ひとつの要因がここにも垣間見えるのではないか。

経営者はハード面とソフト面の見直しを

 他方で、経済産業研究所で客員研究員を務める山口一男氏は、同研究所のサイト内で、<正社員女性が管理職になれる度合いが高い企業は、生産性が高いということだ。>と指摘している。女性管理職を増やすことは、企業にとって有益な取り組みである。

 経営者側が女性管理職の活躍を期待するならば、まずは、冒頭の調査結果で分かったように、「プライベートや家庭と仕事を両立しやすいサポート体制」を強化し、ワークライフバランスのとりやすい仕組みをつくることが必須だ。もちろん女性に限らず、全社員にとって働きやすい環境が大切なことはいうまでもない。

 しかし、たとえハード面を男女平等に整えても、女性は結局「女性らしさ」でしか評価されないという不均衡、言い換えるならば「男性と同等の能力に加えて、女性らしさまで求められる」というソフト面が改められなければ、女性労働者との認識の齟齬はいつまでも生じ続ける。安倍晋三首相が掲げる「女性管理職の割合は2020年までに3割にする」という目標の実現は、難しいだろう。

1 2

「女性管理職が増えないのは、経営者が“女らしさ”を求めているから?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。