“ボーナス貧乏”になると一生お金は貯まらない ボーナスが出ても貯蓄額が一向に増えない人の特徴

【この記事のキーワード】

ボーナスも給料も同じ口座に入れっぱなしという人は?

 多くの企業では、ボーナスは給与と同じ口座に入ります(中には別口座に振り込んでくれる会社も)。住宅ローンを組んでいて、返済の関係で同じ口座でないと困るという人もいるかもしれませんね。

 いつもの口座の残高が急に増えたら、リッチな気分になるものです。でも、それをそのまま入れっぱなしにしているのは危険。毎月の収入にボーナス分がプラスされて、容易に使える状態になっているわけですから。ちょっとくらい使いすぎてもまだ残高があると思えば、ガードも下がります。実は赤字なのに、ボーナス分を使い込むことでなんとかなっているように思えるわけです。

 だからこそ、大事なボーナスを生活費に使う毎月の給料と同じように扱ってはいけないのです。ボーナスとは日常支出ではなく、特別支出に使うべきお金。大物を買ったり、旅行にあてたり、給料では賄えない用途のために使うもの。だから、毎月のお金とは別の場所に置くべきなのです。

 ボーナス払いで引き落とされる分だけは給与口座に置くとして、残りのお金は別の口座に退避させておくほうがベターです。「いつの間にかなくなっている」と嘆く前に行動を。

ボーナスが出ても貯蓄額が一向に増えない人

 この2例は、あるべきボーナスが知らないうちに消えてしまい、貯蓄に回せないという残念なケース。なによりボーナスから貯められないという人は、そもそも貯蓄ベタな人とも言えるでしょう。本来、生活にかかる支出は毎月の給料内で納めるべきもの。たとえ、月の貯蓄ができなかったとしても、赤字さえ出さなければボーナスはまるまる手元に残るはずです。貯蓄上手な人は、それを確実に貯めているのです。

 しかし、どうしても毎月赤字になっている、または気づいていないけれど隠れ赤字だという人の場合は、ボーナスで赤字補てんするほかなくなります。逆に言えば、ボーナスをもらっても貯蓄できるだけのお金は手元に残らない、それほど贅沢していないのにいつも消えている、という人は、自分で意識していなくとも赤字家計である可能性が高いというわけです。

 本来ボ-ナスの一部は貯蓄に回すべき。特に、毎月の積立ができないギリギリ家計ならなおのこと、必ずボーナスから貯めていかないと、いつまでたっても貯蓄残高が増えてはいきません。自分のボーナスが何に使われたかを振り返ると、逆に月々の家計が赤字か黒字かが見えてくることでしょう。

1 2 3

「“ボーナス貧乏”になると一生お金は貯まらない ボーナスが出ても貯蓄額が一向に増えない人の特徴」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。